So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018 1 1

あけました。

今年もよろしくお願いします。

カウコンみてます。

今年、なんかすごいな、これ。

もう、あっくん登場でスターライトは、予想通り、としても、、、、そこに博!!!

リアル、リアルだ‥。
光GENJIバックで、リアルにみてた光景た‥。

もう、あっくん、博並びだけで、かなりツボった(笑)(笑)

岡本健一くん登場も親子だろうな、、とは思ったが、岡本くんの格好が昔を彷彿させる上に、、、その並びにリーダー城島くんwwwwww
戸塚にもギターもたせてあげてーーーー!

予想はしたけど、、、ファンタスティポはタイノッチね‥‥って、そこに宮田‥、wwwwww‥丸山‥‥wwww
なかなかセンスいいな、この選び方。

やはりKAT-TUN、充電終了なのね!!
そうだよね、その流れだよね。

えびしは、リブートだったわけですが、その前に、ABCZと紹介されてるんだから、ちゃんと歌えや、河合郁人。。。

その次のシャッフルが、メインで歌えないなら、自分とこは歌おうよ。

テンションあがってんのはわかるけど。

ちらっと、京セラにふぉ~ゆ~の姿をみて、おおおお、と思う。

グループチェンジは、セクゾ曲だったか。もうちょい意外性のあるとこでもよかったのになあ。
KinKi曲とかカツン曲がよかったなあ。

バックは、トラビスジャパン、スノーマンとか、MADEとかその世代なんだよね、、としみじみ。あ、江田6!!

自分が熱かったころは、バックが、えびしとかふぉ~ゆ~とか、MADだったなあ、、、とか。滝沢革命あると帝劇中継ばっかりだったなあ、とか、思ってみたが、そりゃそうだ、、、、10年の時の流れがあるんだから、、と思ってみたり。

城島くん、、年男なのか、。それも時の流れを感じる‥、、、。

そんな感じのカウコンみながら2018になってた‥。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

よいお年を

大晦日です、。

今日が予定日だった娘は、予想外に早めにでてきたので、普通に家で年越しです。

あ、でも、ここ数年は実家で年越しだったから、自宅は久々かも。

2017年、ヲタ活は、まとめるほどでもないので、まとめなくていいか。

妊娠、出産もあり、縮小しまくりです。

映画は、毎年の目標並に、今年も100本は見ることができました。かろうじて、100超えて、101本でした。
2018は、育休があるので、150本はいきたいところ。

さて、紅白みたら、いつものごとく、ジャニーズカウントダウンみよう。

ではでは、よいお年を。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

すっかり生まれています [日常 雑記]

・・・今日は、年末に続けて更新します・・・。

実は・・・すっかりこども生まれています・・・。

昨日、二週間検診でした。

そう、予定日は、12月31日の大晦日だったはず・・・。
妊娠37週以降が、正規産と言われますが。。。37週と2日となる予定日より19日早い12月12日の午後2時41分にちょっと小さめの2679グラムの女の子を出産いたしました。

2600グラム台と少し小さめですが、昨日の二週間検診では3105グラムと、普通の生まれたての赤ちゃんサイズになってくれました。

11日の深夜からおなか張りが強くなったので、これはまずいな・・・と連絡をして産院に入院したのですが、翌朝には、陣痛がおさまる・・・という。。。
診察次第で一度うちに帰るかという・・・話になったのですが、子宮口が4センチ開いていて、おしるしの出血も多くどんどん出血していたり・・・とそのまま、産むという・・・ことになりました。

前回出血が多く、あわや大学病院に転送・・・ということになったので、今回は早い段階から促進剤で子宮の収縮を促してもらったので、産んだあとも少しだけ点滴が続きましたが、産後の戻りもよく順調でした。

深夜に目が覚めたらママがいなくなってたり、病院にきたら、点滴されていたり・・・と長男には少し寂しい思いをさせてしまいましたが、前回のように9日も入院することなく、通常の5日で退院できたので、まあよかったかな、と。


とりあえず、私も娘も無事です。


12日も本当は、健診の後に、映画「ビジランテ」を見に行こうとしていたのですが、その予定も狂い、安静解除になってから準備しようとしていた準備も間に合わず・・となりましたが、まあ、なんとかやっております。

そして、今思うと、ギリギリ、ふぉ~ゆ~のGACHI、見に行けてよかったなあ・・・と。
劇場で「もう来週超えれば、いつうまれてもOK」とか余裕かまして話してたら、本当にすぐだった・・(笑)

「ふぉ~ゆ~のみんなーーーーー。無事に生まれましたよおおおおおお」

と、ここで、叫んでおきます・・・。

そして・・・「ごめん。。。「ゆう」は名前に入ってません・・・ごめん。「ゆ」は入ったけど」

と、ここで謝っておきます。

そんな感じで、家族が一人増えて、クリスマスも家で迎え、年末年始も家で迎えることになりました。
しばらくは、夜寝られないこともあるけど、適当に休んで、適当になんとかやっていきます。
nice!(0)  コメント(0) 

なにもクリスマスイブじゃなくたって [V6]

我が家にも届きましたよ、噂のクリスマスカード。。。
そう、岡田からの結婚報告。

何も、クリスマスイブでなくたって・・・。
岡田のファンがもう不憫でならない・・。

しかもこの年末の忙しい時期に本来配達のない日曜日に配達指定されたりしたら、そりゃあ、郵便局だって誤配送もするさ。
23日に入籍したんなら、その前日の22日金曜日のほうがまだましだったんじゃなかろうか。

私としては、別に誰と結婚しようが、構わないし、反対する気持ちもないけど、
今回はタイミングが悪すぎる気がする。

イノッチは結婚でやたらとたたかれていたけど、
私は、賛成派だった。

ツアー初日の発表の会場にも入っていた。
「お通夜のようだった」という声もあるけど、少なくとも、私の席のまわりには、その雰囲気はなく、みんな祝福していた。井ノ原うちわをもった私も一緒に泣いて喜んだし。よかったね・・と思った。

今思うと、賛否両論の反応が目の前であるだろうことを覚悟したうえであの場で発表したイノッチとV6のメンバーは、グループの先陣となるイノッチの結婚発表に対して「覚悟」のようなものがしっかりあった気がする。そういう雰囲気も感じとれたから、心からあの場で祝福できた。

次いで結婚した長野くん。
長野くんが幸せになるってだけで、なんだか喜ばしいのに、「いいにくの日」を選んだ博のあっぱれさにもう脱帽するしかないし、おくられてきたカードも、高級レストランのメニューのような、、、ディナーショーの招待状のような仕様で、「長野博すげえな・・・」と思うしかなかった。

そして、今回・・・。

うーん、なんだかな・・・と思うことがいろいろ。

結婚までの経緯については、週刊誌の既報通りというか、、、まあ、でも時間がたってるからあれとしても。。。。。

なんだろうな。。。一年も前にメンバーに報告して、準備してきたわりに、クリスマスイブを選んじゃうセンスというか・・・・なんだか、こう浮かれっぷり感がちょっと感じとれるというか・・・
なんか、ちょっといやだなあ・・・。

こういうのって、相手の側の事務所の関係とかもあるのかもしれないけど、なんで、もうちょっといろいろ配慮できなかったのかな・・と。
イメージが勝負の世界にいるというのに。

そりゃあ、結婚なんて当人たちの好きにすればいいけれど。

でも、なんか今回はすごくモヤモヤが残る。

これ、カウコンの司会がイノッチと太一って
、これも関係あるにおいがするよね。。

そして、触れるなって雰囲気も関係なく触れちゃうんだろうし・・・。

うーん・・・・・・なんとも・・・・・・

nice!(0)  コメント(1) 

12月2日昼 GACHI大阪 ふぉ〜ゆ〜舞台 [ジャニ舞台&ジャニコン]

前回の健診で、34週終わりを迎えたので、なんとか自宅安静は解除になりました。
最低限、生まれてもOKラインまできたので、張り止めの薬も終了し、あとは自然に出産までもっていくことになりました。
これで、あとは、37週まで数日。37週まで入ってしまえば、いつ生まれてもとりあえずはOKなので、なんとかなりそうです。

というわけで・・・・・・

目標にしていた・・・ふぉ〜ゆ〜の舞台・・・いけました!!!!
12月2日の昼の回、大阪の新歌舞伎座にて。

夫に車で送ってもらって、子供と夫と義父母で、海遊館に遊びにいってもらって・・・私は、新歌舞伎座へ。電車で一人でいくのは、ちょっと大変だったので、助かった・・・。

なので、今年ラストは結局、郁人ではなく・・・郁人に近いところのふぉ〜ゆ〜でラストになります。

12月2日昼 大阪・新歌舞伎座「GACHI 〜全力entertainment 4U〜」

感想を一言でいくならば・・・

「となりの芝はとにかく青かった」

これにつきるかも

「このショー形式が回を重ねて10年後、40代になった彼らがどんな表現をするのか見てみたい」

と思った、とても気持ちのいい舞台でした。

ふぉ〜ゆ〜の単独舞台の観劇は今回が初でした。
今までのお芝居メインのものとは違って、今回はショー形式。
「プレゾン」やら「歌舞伎」やらでみてきた河合担としては、なじみがあるラインなのかな。

今ふぉ〜ゆ〜がやりたいことを・・・というコンセプトなので、
MAD時代やその前からの彼らの経験を詰め込んで、一つの作品に仕上げた、まさに今の彼らの等身大のショー。大きく背伸びをするわけでもなく、かといって守りに入るわけでもなく、ほんと今できること、今やりたいこと、今思っていることがたくさん詰まっていて、とても清々しい気持ちにさせてくれる舞台でした。

10月1日で、Jr枠ではなくなったという「ふぉ〜ゆ〜」の4人の支え続けたファンはこの舞台、楽しいだろうな・・・彼らの見せたいものと、ファンの見たいものが合致しているんだろうなと・・・。このタイミングでこの内容のものを見せてもらえるファンがすごくうらやましく思えて、「3939」のあたりはもう、ちょっとぐっときましたよ。。。ほんと。

内容もふぉ〜ゆ〜ば舞台をつくることになって、さあ、何をやっていくか・・・というそのままの内容なんだけどとにかく盛りだくさん。福ちゃんの女装あり、松崎の殺陣あり、こっしーのラブソングあり、さらには雄大の落語まであり・・・。

オープニングもラストも、ああ、こういうのみたいヤツ・・・っていうきっちり踊ってくれるナンバーあり、みんなで踊って盛り上がれるナンバーあり、、ところどころで、紫吹淳さんの歌におおおおおとなり、ラストはみんなで踊って終わって・・・

ああ、これヲタ好きなヤツ・・・ってか、私、好きなヤツ・・・。

ほんと、「隣の芝は青い」。めちゃめちゃ「青かった」。

途中のネタで松崎くんの「ネギ焼きにはネギがたくさんはいっているからネギ焼きで・・・もしそこにザキがはいっていたら、ネギの中にザキ・・・ザキ焼き・・・・・」
というとってもしょーもない話にツボってしまい・・・そんなしょーもないネタがぐるぐる回っていたけど・・・・(笑)

ほんと、ふぉ〜ゆ〜とふぉ〜ゆ〜担がうらやましくなる・・・そんな舞台。

ほんと清々しい気持ちになりました。ありがとう。楽しかったです。

この「GACHI」続けて欲しいな。。
2、3、4・・・・と外部の仕事や、新しい仕事が入ってきて、経験を重ねた彼らが、その時点での等身大で何をやって舞台を進化させていってくれるか見ていきたいなあ。
で、40代、50代になった時にどんな魅せ方をしてくるか、とても見てみたい。

今回のV6コンをWOWOWでみて、ああ・・こんなに表現って年を重ねるとぐっとかわるのか・・・と実感したのもあるけど。
進化して、どこで大化けしてくるのか、見てみたい・・・・と思ったなあ。

・・・・・・・・ふぉ〜ゆ〜のみんな、ありがとう。楽しかったです。また見に行きます。。とりあえず、まずは出産をのりこえます・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

「あゝ、荒野」がすごかった [映画]

 ちょっと大丈夫そうだな・・と思って動いていたところ、、、先週の健診(32週)で子宮口が開きかけている・・・と言われまして。。。まあ、前回は、31週で1、5センチ開いたんでまだいいのですが、経産婦は上の子がいるので、入院はさせられないから、というお医者さんの判断にもより、さらなる安静指示がでてしまいました。
 要は軽い「切迫早産」ってやつですね・・・はい。
 入院はせずに日常生活を送りながら、なんとか正産期まで・・ということで、もうちょっと動くな・・・ということのようです・・・。

なので、一日1、2本ペースで映画を見続けているのですが、劇場公開と同時並行状態でレンタルやらCS放送やらネット配信が行われていた「あゝ、荒野」を見ました。

 私は、レンタルで。

 いやあ。。。これ、すごかった・・・。
 寺山修司の原作を(というか、もはや原案状態)現代版というか近い未来版にした・・という話の展開なのですが、
 前編は、ちょっと濡れ場が多い、とか、自殺予防集会・・だのごった煮感が強い印象だったんですが、後編の疾走感が、良かった。後編もデモやら、3.11やら、いろいろな雑多な要素があったりするけど、それを圧倒してしまう、ボクシングを通した場末の二人の男の葛藤で魅せてくれて、おもしろかった。

 主演の菅田まさきくんも熱量もハンパない感じなんですが、W主演状態のヤン・イクチュンがこれがまたいい。「息もできない」「かぞくのくに」でヤン・イクチュンがいかに巧いかはわかっていたけど、吃音のボクサーの役がすごくいい。

 今、主流の「ふわふわ映画」(世の中ではキラキラ映画といわれているけど、私は、全体的な浮遊感からふわふわ映画と呼んでいる)とは真逆の存在。
 熱いし、男くさいし、とにかく濃い。

 試写の段階から、まわりから「すごい」という話は聞こえていたんですが、噂通り、すごかった。

 ここまでの段階で、私の今年の1位は「三度目の殺人」か「幼子我らに生まれ」だったのですが、「あゝ、荒野」が超えていきました。
 そういや、その2本とか感想書こう、書こうと思っていて、書いてないや・・・。

 やっぱこういうの見たいよね。
 
 あとは邦画は、「光」を見に行きたいんだけど・・・いけるかな・・・いきたいなあ・・・・。
しばらくおとなしくすごしてみにいけるようにしたい・・・・。

 ああああ、やりたいこといっぱいあるのになあ・・・・
 そんなこといっていてもキリがないので、さて、、、ゴロゴロタイムに戻ります・・・・。
nice!(1)  コメント(2) 

産休はいってます [日常 雑記]

気がついたら、11月に入ってしまいました。
今年も、残り2ヶ月。

現在、妊娠8ヶ月です。
2人目が12月にうまれます。しかも予定日が12月31日。おそらくまた少し予定日よりは早く生まれることでしょう。

本来法律的には、11月20日から産休なんですが、一人目の出産のとき、切迫早産の診断書がでて急に仕事を休まなくてはならなくなってばたばただったので、今回は有休を使い、さらに職場の配慮により、10月からお休みに入らせてもらっています。

9月の下旬に少し、子宮口が柔らかくなり、ちょっと赤ちゃんが下がってきてしまい、今回も早産傾向があるということで、なるべく家で、ゆっくりすごしています。
入院とか、自宅での絶対安静は避けたいので、極力ゴロゴロしております。

というわけで、えび座を早々とスルーしたのは、これが理由でした。
さすがに東京までいくのは、怖いかな、と。近くならいいけど。なんかあったときが嫌なので。
本当は、とてもいきたい剛の舞台も時期的にいけそうにありません。12月下旬の京都はさすがに厳しい。
えびしのツアーもV6のツアーも控えめ日程にしていたのも、そんな感じです。
長くヲタをしていると、まあ、そういう時もありますからな。

仕事も産休前までわりと普通に現場にでていられたので、まあよしでした。
ちょっと書いちゃうと、外仕事のラストは、これまたちょっとすてきな4人さんとのお仕事だったので、ほんとよかったです。なんだかみんなで安産祈願してくれて、お腹を拝んでくれました(笑)。
勝手に「さあ、名前はどのゆうをいれてくれますか?」とか「郁つけちゃうパターンですか」「いや、それは絶対ないです・・・」などと、楽しいやり取りで終了できたのでほんとよかった。
おとなしく過ごしていて、ここのところは順調にきているので、12月の頭に調子が良かったら、当日券かぎりぎりの前売りで、なんとか彼らの勇姿をみにいきたいと画策中・・・・。幸い大阪なので、なんとかなるかなー。極力安静にすごしておこう。

というわけで、、、、なるべく安静・・・ということで、映画を1日1、2本ペースでみたり、本読んだりしながら、すごしています・・・・。
今年は、映画本数足りないなあ・・と思っていたのですが、10月からで一気に取り戻せそう!!
ありがとうWOWOWさん。
私の映画ライフはWOWOWのおかげでかなり充実しております。

あ、そうそう、ちなみに。。。今度は、女の子・・・とのこと。
上が4歳になるので、少しはちゃんとしたお兄ちゃんしてくれるのだろうか・・・・。

そんな感じで、「コウノドリ」のドラマを見ながら、漫画も読みつつ、出産、気をつけないとな・・・と体重管理などなどをしつつ、あと2ヶ月にせまってきました・・・。

舞台やらコンサート行けるのも、まあ春から夏以降だと思うので、しばらくはのんびりすごしていきます。
nice!(0)  コメント(4) 

やっと、ビリー・エリオット [演劇]

10月21日、梅田芸術劇場で、やっとビリー・エリオットの日本版を見に行きました。

そう、今年、私が一番楽しみにしていた舞台。
これ、私が一番好きなミュージカル。

もともと映画「リトルダンサー」は、公開当時から好きだったのですが、ニューヨークに行ったときに、「ライオンキング」「オペラ座の怪人」などの超有名作を見ようとする夫をおさえ、ブロードウェイで見るならこれ!!と思ってみたら、ドはまり。
ロンドンのサントラを聞きまくって過ごしていたビリー・エリオット。
その後、映画館でロンドン盤の公開もあり、DVDにもなっているビリー・エリオット。

ついに日本版ということで、楽しみにしておりました。

ウィルキンソン先生は、どうしても島田歌穂さんで見たかったので、それに合わせてチケットをとったので、お父さんは益岡徹さん。

ブロードウェイ版、ロンドン版と比べると・・・・というのは、しかたないのかな・・というのはありますが、、、そりゃあそうだ・・・バレエとかミュージカルに対する土壌が違うし、レベルも違うのはしかたがない・・・。
そして、いままで、字幕や英語で見てきたので、日本語訳にえええええええ、となんだか違和感を感じるのはあるけど・・・・。
そして、もともとイギリス北部の話でなまりのある英語を使ってたからといって・・・炭坑だからといって、なぜ、なぜ、九州なまりにした??というのはあったけど・・・・
だって、ビリー、とかマイケルとか呼び合いながら、九州の言葉って・・・・そこ標準語でよかったのではなかろうか。

・・・・・などなど、あったものの・・・・・・


脚本、演出、音楽がすばらしければ、やっぱりミュージカルはいいものになる!!!
というところに落ち着きました。

結果、、面白かった。
やっぱり、よかった。

こういうのって、今更だけど、イノッチと長野くんの「プロデューサーズ」でもあったんだろうな・・・というのをちょっと思いました。

ビリー・エリオットはほんと、よくできたミュージカルだなあ・・。

炭坑の抗争とバレエ教室を同時に一曲でみせちゃうとか、
オールドビリーとのダンスとか、
ほんとよくできている。

そして、完全なるシンデレラストーリーでもなく、完全なるハッピーエンドでもなく、
破れた大人たちが少年に夢を託す・・というか、そんな感じのストーリーもほんとうまいな・・・としみじみ。

やっぱりこのミュージカル好きだわー。

さあ、ロンドン版のブルーレイまた見なきゃ

nice!(0)  コメント(0) 

郁人おめでとう

10月20日

河合郁人くん、お誕生日おめでとう。

いよいよ30代。君の20代も楽しませてもらいました。
これからは、ひとつひとつが、今後への勝負となっていくと思いますが、30代も見届けさせてもらいます。

これからも一緒に楽しんでいこう。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:moblog

V6大阪初日

ちょっと前になりますが、

V6大阪初日、9月8日にいってきました。

MC前に、イノッチが、立ち位置間違えて 、博の場所奪ったくせに、大騒ぎするとか、、もちろん、博はさっとゆずって、、、とか、、、実は健ちゃんは、坂本くんに立ち位置教えてもらってたとか、、、、

大阪だと、あんなに番組で拒否したコマネチをやれちゃう岡田とか、、

大阪まで日にちがあいたために、直前まで「できるかな、できるかな」と岡田が歌ってたとか、、


やっぱり大阪にくると、剛がステージから落ちた話になり、、その時、助けに飛び降りたイノッチに「大丈夫か!?」と体をゆすられ、剛がまじやめてくれ、と思ったとか、、、


坂本くん骨折したときに、かわりに剛を頭でまわしたイノッチが首やった瞬間をもろにみた博とか、、

いろいろあいかわらずすぎて、楽しかったぜ、V6。

最近、バック転しない件について
イノッチ「俺たちだって長生きしたいのよ」

‥たしかに‥。

今年の岡田のしきしはやたらと飛ぶので、これからの人は気をつけてください、、。天井にぶつかるわ、最後列付近までとぶわ、、とにかく飛びます‥。油断してると危険です‥。

ライブの構成はアルバムメインということもあり、より魅せる方向かな、、という感じ。

キャーキャーいうより、しっかりみれるステージ。
踊りも多いし。
より大人なステージというか。

映像を動かしたり、いままでにない演出を多く取り入れているので、「魅せる」ライブですな。

カミセン曲の手持ちカメラ自撮り映像の投影とか、私、好きでした。

前みたいに細かくレポはしませんが、私は、好きな構成でした。全体的に。

アルバムの曲作った人たちが、私好みの人が多くて、アルバム自体が好き、ってのもあるけど、私は、今回のライブ好きだなー。


なんか、いいな、V6。
やっぱり、いいなー。

なんか毎回言うけど、すごいホーム感というか、同級会的というか、いつでも戻ってこられる地元的な場所というか。

河合担になって、かれこれ10年以上たつけど、V6はそれとはちょっと違う落ち着いて楽しめる場所。まあ、そうか、こっちのが長く見てるからな、、、そういうもんか、、。

あいかわらず、いいものみせてもらいました、、、。

今回もV6は、これだけ。
他はいかないけど、一回で満足させてもらいました。

さて、今年の私のコンサート関係はこれがラストかな。

えび座はいかないし、ピロウズの3期ツアーはものすごくいきたいが、チケットとれてないし、ってかそもそも時期的にかなり厳しいし。

あ、あとジャニーズではないけど、ビリーエリオットザミュージカルはいきます!なんとしてもいきます!
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -