So-net無料ブログ作成

井手コウジさんの曲はやっぱりいい [A.B.C-Z]

そうか、そこだったか。
やっぱり、井手さんときたか。
井手コウジさんの作る曲はやっぱりいい。

A.B.SeaMarketの2曲めの「In The Name Of Love〜誓い」。作詞作曲編曲、井手コウジさん。

あああ、井手さんの曲はこう存在感あっていいよなあ。

そう、井手さん。「Vanilla」も井手さんが作った曲。

このブログで何度か書いているけど、
10代のころ、井手コウジさんのやっていた「ゲルゲットショッキングセンター」というラジオ番組を聞いていたのですよ。大好きだったんですよ、このラジオ番組。
エヴァンゲリオンを見てみようと思ったのも、ゲルゲきっかけ。

「Vanilla」が井手さんの作った曲だと知って、なんだか、ちょっとぐっときたのですよ。
おおお、昔の私の何かがつながったああ!!的な。

この一の作る曲は、間違いないわ。
このアルバムでも確実に一番好きだわ。

ちなみに、V6の「Swing!」もそうだし、
キンキのボニバタもそう。

ほら・・・・間違いないでしょ・・・。

と、アルバム・・・・。

ざっとしか聞いていないんだけど

一言で言うと

「いろんなことをひっくるめて超ジャニーズっぽいアルバム」

という感じかな。。。という印象。

曲調のバリエーションの多さといい、ごった煮感といいい、全体的にイマイチな歌唱力の露呈さといい、シングル曲はちゃんといれてくる感といい、なんだかコミックソング系がまざってくるあたりとか、踊る前提だろうな、とか、さわやかさとか、アイドル感をおしてくるあたりとか、ちょっと物足りなさを感じるあたりといい、数曲はずばっとくるいい感じの曲が入ってくるあたりとか、
まあ、いろーーーーんなとこをまるごとどばっとひっくるめて、

「超ジャニーズっぽいアルバム」

という感じかな。

ある意味、きわめてオーソドックスなジャニーズアルバムであり、
ヲタの期待にそれなりに答える形になっていて、「超ジャニーズっぽいアルバム」だな。

・・・・で、「河合は可愛いかい」ってなに???
というのは、ちょっとおいておこう・・・・・。

話は変わりますが、

塚ちゃんの「アウトデラックス」すごかった・・・・
いやあ・・・・知ってるよ・・・・

アウトだということも・・・・そして本人がさほど「アウト」だと思っていないことも。

にしても、おもしろかったな・・・。
あの場であそこまでやれば「あっぱれ」だよ、ほんと。

そして、次のとっつー・・・・
こちらもついにきたか・・・という感じ。

でも、意外と普通だった・・・・やっぱ塚ちゃんにはかなわないってことか・・・。
それとも、テレビ的にゆるされるエピソードがそのあたりということか。

塚ちゃん・・・・もしかしたら、えびしで1番人気になるんじゃないだろうか。
絶対的におもしろいし、今5人で一番勢いあるよね。
塚田担にとっては実際問題どうなんだろうか・・・。複雑な気持ちの人もいるよね、きっと。
これ、あれなんかな、「アウトデラックス出は」とか言われる日がくるんだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、きょうのMステ。

ちょっとおおおおおおおおお。
Mステさん頼むぜ。

なんで曲の途中でゲスト席をはさむ必要あるかな・・・・。
あああああ、あれがなければ、もっとよかったのに。

まあ、先週からの共演がうれしいというのをやたら見たから、そういうサービスなんだろうけど
実際、そこから流れたヲタも多いだろうし。。。

でもさあ・・・・曲中は、そのアーティストをがっつり見せてくれよ・・・・。
ほかのゲストとかはさまなくていいよ・・・・。
nice!(2)  コメント(8) 

すっごい今更、スペーストラベラー [A.B.C-Z]

すっごい今更です。

ははは・・・スペーストラベラーのDVDですよ。

この曲、ディスコサウンド意識なのはわかるんだが、まあ、それほど気にしてなかったわけです・・・。

で、DVD。

あら、これ、なかなかいいじゃないの。

ワンカメショーながら、まわりを展開していく形できたか。
そうきたか、なかなかよくできたPVじゃないか。

こういうシンプルなパターンもいいよね。
そうか、こうきたか。

ファイナリーオーバーのダンスクリップのほうは、もう、定点でいいから、がっつり踊ってほしかったな。
だってダンスクリップだもの。
踊れよおお、もっと踊ってくれよおお。

・・・と、まあ、そんなこといっているうちに、チェリーズのDVDがきたり、もうすぐライブDVDもきたりするわけですね・・・。

チェリーズのDVD・・・いつになったらみられるんだろう・・・・。
せめてメイキングくらいはなんとかみよう・・・・。
nice!(0)  コメント(2) 

「バックコーラスの歌姫たち」にもの思う [A.B.C-Z]

年末に見た「バックコーラスの歌姫(デリーバ)たち」。
普段、光のあたらないバックコーラス歌手たちのインタビューと記録映像で構成されたドキュメンタリー映画だ。

「ステージの中心に立つ歌手との距離はほんの数歩」
物理的な距離はほんのわずか。手をのばせばすぐに届く距離だが、「栄光」への距離はものすごく遠い。

登場するバックコーラス歌手たちの実力は確かだ。
メーンで歌うスターよりも巧い歌手も多い。しかし、実力だけで立ち位置がかわるほど簡単な世界ではない。

バックコーラスを経てデビューし、スターになった者、
デビューはしたが全く売れなかった者、
バックコーラスとして名声を得た者、
レコーディングしたが別名儀で発売されゴーストとなった者、
デビューという夢に向かってチャンスを待つ者・・・・

さまざまな境遇の歌手たちが登場するが、共通することは
「バックコーラス」という仕事に真摯に向かい合っていることだろう。

このドキュメンタリー映画、ジャニーズでバック担を経験した身にとっては
実に身にしみる。
じわじわくる。

実力があってもスターになれるかどうかは別。
チャンスをつかんだものだけが強い光のあたる場所にたてる。

もう、これ、ジャニーズと同じ。

こういうの見ると思うよね、いろいろ。

いろんな境遇があれど、みんな歌う姿はすごく生き生きしていて・・・それがまたなんかぐっとくるんだな、この映画。

私は、正直、えびしに関しては、売れようが売れまいがどっちでもいい派だ。
まあ、本音を言ってしまえば、あまりに巨大グループにはなって欲しくないな、と思うが。

売れてなかろうが、あまり気にしていない。
「数字が大切・売れないと次はない」という声もやたらと見かけるけど、
私が長い年月ジャニーズを見てきた経験上、思うに、
あの事務所は、デビューすることができれば本気でがんばっている人たちを見捨てたりはしないのではないかと思う。
何年かあいたり、数は少ないかもしれないけど、一定の仕事は持ってきてくれる。そう思っている。
ましてや昔に比べ、使わせてもらえる劇場も自主公演の数も増えているのだから、なんかしらはあるのだと思う。

その時、得られた仕事を、しっかりやる・・・そんな姿が見られれば、満足だ。
与えられた仕事を楽しそうにやる・・・そんな姿がみられたら、それだけで楽しい。

・・・・・・と、話はそれたが、
とにかく、この映画はなかなかいい映画だった。
さすが、アカデミー賞をとるだけはある。
いいもの見たな。
nice!(0)  コメント(0) 

3周年 [A.B.C-Z]

1日遅れましたが。


2015年2月1日

A.B.C-Zデビュー3周年おめでとう。

もう3年かあ。はやいものだ。

この3年で、私の生活は劇的に変化しました。

デビュー前みたいにはいかないけれど、これからも、自分のスタンスで、見届けていこうとおもいます。



郁人、これからも一緒に楽しんでいこう。
nice!(0)  コメント(4) 

仮装大賞 [A.B.C-Z]

あれ、仮装大賞って、きんちゃんも審査員も仮装するんじゃなかったっけ!?


…久々にみたら、なんだかとっても現代的というか、オシャレになったな、と思った仮装大賞。

そんな仮装大賞にえびしが出場。

…やっぱりさあ、どうせでるならさあ、

あれは、

黒塗りしなきゃダメだろおおおーー。


そして、セットも小道具も自分達で手作りしなきゃだめだろおおおおー。

なんなら、予選からでたほうがいいって。

そして、本選は、一回不合格ラインで、無駄にアクロバット放出して、点数あげてもらって合格くらいがいいだろう。

そこまでやってこそのA.B.C-Zで、そこまでやってこそのジャニーズからの刺客では、なかろうか、と思いながら見ていた。

仮装大賞の予選ってさあ、すさまじいダメ出しくらうんだよ(笑)。
小学生相手に大人たちが本気でダメ出ししてくるんだよ(笑)←(実は経験者(笑))

予選からでたら、
「なんでさあ、顔見せちゃうの?これどこが仮装?」
とかい言われちゃうんだろうな(笑)

…にしても、仮装大賞もなんかオシャレになったな、と思う反面、あいかわらずくだらないのはおもしろいよねー。

麺のやつとか、一人アナ雪のおじさんとか、羊の親子とかああいうの楽しいわ。


昔、毎回出てた、色のくだらないネタやる人たちとか好きだったなあ。
「ブラック&ホワイト」とか「赤白」とかでやってた二人組。
いつからでなくなったんだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

時間と成長と [A.B.C-Z]

今日は、子供の保育園の行事や、日常に必要なものの買い物などで一日終わって行きました。

さて、そんな中で、なんとなく昨日の舞台に思いをめぐらせていた結果、たどり着いたのが
「シーラブはそこまですばらしかったのか」
という問題。

今回の舞台と前回は演出が同じ人で、原作も同じ手塚治虫。そして期間も半年とあいてないわけで、
前回の外部舞台はシーラブまでさかのぼることになる。まあ、もっとさかのぼって、「big」でもいいわけだけど、あまりに昔だし、郁人も子供だったし、と、さかのぼるをやめました。

で、シーラブ問題。

いろいろ思うと、

もし、今、あの当時の人たちがあの当時のままの舞台をしたとしたら、どう思うか。

私もその当時の人だったら、たぶん、楽しいと思う。

でも、もし、今の私が見たら、イマイチと感じるかもしれない。
かもしれない・・・というか、たぶんイマイチと思うと思う。

あの当時であっても「楽しかった」し、「好き」ではあったけど
「すばらしい」とはちょっと違うかな・・・と。

あれから長い年月がすぎているわけで、その間に、私自身も、ものを考えたり、様々なことを経験したり、たくさんの本を読んだり、たくさんの映画をみたり、舞台をみたり・・・・・・あの頃の自分よりは、確実に知識や経験が増えていると思う。

その状態で、あの時代のままのものを見たら、それは、まったく違う感じ方をするだろう。
どう思うかは、見てみないとわからないけどね。

あれは、あの当時の自分だったから思う存分楽しめた・・・というのは多いにあるとは思う。

「ファウスト」「ルードウィヒ」がイマイチで、
「シーラブ」がよかったと感じるのは、その当時の自分の主観だからこそだと思っている。

「シーラブ以外は良くない」とかいうわけでもなくて、外部だろうが、ジャニ舞台だろうが、好きなもの
は好きだし、あまり好きでないものは好きでない。そこは好みの問題が大きい気はするな。
好きな人が多い「ドリームボーイズ」とか「少年たち」とかは私はあんまり好きじゃないし。好みの問題は絶対にあるよな。

そして、「あの時代の郁人が好きだから」・・・というのともちょっと違うんだよな。
あの時も、今の郁人もそれぞれ好きだけど、郁人自体の演技の善し悪しとか、舞台の内容はまた別の問題だと思う。

好みとか、年代によってかわっていくしね。
昔はこういうのが好きだったけど、今はこっちが好きとか
昔嫌いだったものが後から好きになることももちろん多い。

舞台は、一期一会的なところがあるよね。
その時のその自分が体験するもの。だから、昔やった同じ状態が今いいかはまた別の問題だと思うわ。

だから、昔は、シーラブもDVDにして欲しいな・・・とか思ったりもしたけど、
今はDVDも再演もいらないかな。
あの時、自分の目で見て感じたことがすべてだと思うから。
今の自分が見ても、きっと違う印象になるだろうね・・・・。
もし、再演をやることhがあるとしたら、全く新しいものを作ってほしいな・・・なんて思ったりもする。でも同じキャストであってもこれだけの年月が立っているから、また昔とは違ったものになるよね・・・・。

時間の経過と、自分と相手の成長と。
その中で、胸に残る作品に郁人が出会えて、私もそれを楽しむ日がきますように・・・・。

そんなこんなを考えながら、明日ももう一回、なんとかいけそうです・・・。
では、おやすみなさい・・・。
nice!(0)  コメント(2) 

13月ではなく25時間目を探そう [A.B.C-Z]

一日はなぜ24時間なんだろうか。
25時間目は、存在しないのだろうか。
25時間目を探す旅にでよう…。

そう…

1月に始まる13月を探す旅には出ずに、25時間目を探す旅にでることにします。

あ、でも、結局、心の中にあるユートピアなら、そりゃあ、それで迷惑な話だな…。


…というわけで、13月を探す旅には出ないでいいかな、なんて。

久々にチケットとれないとかあったよ\(^o^)/

ええ、そんなに、ジャニワって人気だったっけ?
平日の昼間って、学校とかあるんじゃないのか。

まあ、いいや。

昔なら、必死に探して、意地でも入ったんだろうけど、探す労力と時間を別のことに使いたいな、なんて思ってしまう、今日このごろ。

まあ、いいか、今回は力入れるとこじゃないんだな、きっと。そういうタイミングなんでしょう。

…というわけで、あっさりあきらめる方向です。

たぶん、数年前までなら、この一回を探して入るかが、私の人生の何かを左右した部分はあると思うのです。

自分なりにがんばって、そこには同じようにがんばってた仲間がいて。
あの頃があるから、今、このくらいゆるく楽しめたりするんだろうし。

やり尽くしたとかではないけど、自分なりに納得できる形だったんでしょう。

時間がたって、
たぶん今の私にとっては、この一回に入るかどうかは、それほど人生を左右するもんではないと思うのです。

その時間と労力で、子どもとすごしたり、仕事したり、映画を見たり、本を読んだりすることのほうが、自分のこれからには影響があるのかななんて思うのです。

あと、今回は、予定があわないから、友達と会えないのも大きいかな。
友達と遊べるかどうかは、かなり重要。


そんな感じなんで、ぬるく見てて、なんか行けそうならいくし、行けなきゃ次のチャンスを狙うと…。


あ、だからといってヲタ卒とか担おり、とかじゃないですよ。


限りなくゆるくなったことは間違いないのですが、自分のスタンスが少し変化しただけです。

自分のスタンスだけじゃなくて、えびし界隈もこの数年でだいぶ変化した気がするし、そのスタイルが自分に合ってないというのもあるかもしれないな。

デビューしていろいろ変化したし、ファンもだいぶ入れ替わってるから、そりゃあ変化するよね。
新しい波みたいのに、ちょっとついていけない部分があることも間違いないし、今よくみかける「えび担はこう!」とか「えび担はこうあるべき」とか「こんなえび担が素敵」とか、そんなのにくくられるのもなんか窮屈に感じてしまうのです。

…と、ゆるく今の考えを書きつつ…、ぬるく見守っていきますかな…。

なーんて、思う今日このごろ。
nice!(0)  コメント(0) 

朝から笑った [A.B.C-Z]

携帯から簡単に。

めざましテレビのジャンケン。

普通にA.B.C-Zの…と紹介されたのに舞台感バリバリなままの郁人とはっしー。

いきなりジャンケンして、
「モーツァルトとルードウィヒでしたー」
って…。


…普通の人が見たら、まったく意味わかんねー!(笑)(笑)


とりあえず、ジャンケンには勝った(笑)

で、V6の紅白話も朝からにぎやか(笑)

森田!どこいった!(笑)

もしや、わりと目玉!!??

で、わが家のサンスポみたら、まさかの井ノ原推し紙面(笑)


有働さんとの絡みはわかるよ。

だけど、まさかの…

全出場組の一覧の個別の顔写真まで、まさかのV6はイノッチ(笑)(笑)

…え、いいの?代表していいの?(笑)

あさイチでは、アナウンサーだと思われてたり、郵便局員だと思われてたことが判明したけど(笑)

代表は、官兵衛兄さんじゃなくていいのか?

まさかの大阪サンスポ、井ノ原推し紙面に朝から笑ってしまったよ。


ちなみに、Sky’s The Limitが、私の中でヒット中。
久々にシングル曲で、お!ってのがきた感じ\(^o^)/
nice!(1)  コメント(2) 

組織票って… [A.B.C-Z]

ツイッターをみていたら、えびし担と思われる人が、チェリーズをギャラクシー賞に投票しよう、と呼び掛けているのをみかけた。

ギャラクシー賞は、ヲタクが組織票で、投票していい類いの賞ではないと思う。

いくら、会員登録すれば、投票できるからといって、組織票で上位にあげても、それは、逆に彼らを下げることになるかもしれない。
組織票ならすぐわかるし。

賞の意味すらわからず、なんでも投票すりゃあいいと思ってる人が多すぎるわ。

ヲタ誌の人気投票じゃないんだよ。

放送批評懇談会が優れたテレビ番組を表彰する賞だよ…。

あらゆるドラマをフラットにみて判断して投票する場であって、ただ出演者が好きだから、で投票する場じゃない。

ギャラクシー賞で表彰される作品って質が高い。視聴率とは別の判断がされるし、個人的には信用してる賞なんだけど。

彼らのため、と思ってやってる人たちには、逆効果になるかも、なんて想像できないんだろうな。

「本当にすばらしいと思うから投票した」というヲタは、じゃあ、今クールのすべてのドラマをみて判断したんですか?今まで放送されたたくさんのドラマの中でも優れているとあなたは判断できるんですか、と聞きたいわ。

本当に優れたドラマだったら、ヲタが投票なんてしなくても表彰されると思うよ。

なんだかなあ。

やたらと投票、やたらと投書…。
なんにも考えずにやるヲタがいっぱいいると思うとげんなりだわ。

残念なヲタが増えたのか、残念なヲタが表面化しただけか。

なんか残念だな。
nice!(0)  コメント(0) 

ジュニア独特の全力感 [A.B.C-Z]

少クラで、みゅうとくん、はんざわくん、マスダーソンの4人が歌った「砂のグラス」。

やっぱりさあ・・・ジュニア独特の全力感とかあるよね。
なんというかガツガツ感というか。

ジュニア時代からえびしもあいかわらず全力なんだろうけど、見比べるとやっぱり違う。

えびしの全力感はある程度、余裕のある全力になったよなあ。
もちろんいい意味でね。

それぞれが大人になったのもあるし、
デビュー組というのもあるし、
前に比べると、どこか落ち着きのある全力感になった気がする。

それに比べると、やっぱり、ジュニアの全力感はちょっと違うよね。
ほんとにほんとの「全力」。
この1曲にやれるだけのことをやる全力というか。
若さゆえの熱さというか。

普段なんとなくみているとさらっと見過ごしてしまうけど、
こうやって、えびしの曲とかやってくれると改めていろいろ思うよね。

なんか新鮮だったし、なんか懐かしかった。

V6のようにベテランの余裕たっぷりの踊りも好きだし、
ふぉーゆーとか江田武道とかMADみたいな、踊れる層のキレッキレのダンスも好きだし、
もちろん、今の郁人の踊りも好きだけど、

荒い感じのするジュニア独特の全力感はやっぱり清々しい。
ちょっと違うんだな、こういうのは。

最近、少クラも流し見することが多かったんだけど、
久々にちゃんとみると、気づくことってあるよなあ。。


nice!(0)  コメント(0)