So-net無料ブログ作成

一日遅れたけど [V6]

一日遅れたけど、
5月17日、イノッチ、お誕生日おめでとう。
42歳か。

ちょうど昨日、買い物がてら散歩しながらネクジェネ聞いてたら、ネクジェネもイノッチ誕生日を祝っていました。

坂本君曰く「いい年の取り方してるよね」
と。

確かに。私もそう思う。
そして、私もそうありたい。

そんな私は、午前中にちょっと児童館にいってきて、今、猛烈に眠い。
娘は、力尽きて寝た・・・・。私も少し昼寝しようかな・・
nice!(1)  コメント(2) 

長野くんおめでとう [V6]

遅くなりましたが、長野くん息子さん誕生おめでとう!

にしても、早かったですね・・。
6月じゃなかったっけ・・1ヶ月近く早かったのだろうか。
誕生日などは非公表のようだけど。(TOKIOのいろいろと重なったあたりだろうけど)

無事に生まれたようで何より。

長野くんの子どもは絶対にかわいい、はず・・と思っています。
勝手に女の子のイメージだったんだけど、男の子でしたか。
男の子でも絶対にかわいい・・・と信じている。

食育はばっちり過ぎるくらいばっちりになるんだろうな・・・。


話はまったく変わりますが、
なんやかんやで、今回の朝ドラ「半分、青い。」もしっかりみています。

で、今日の話。律が大学で体育で弓道を履修したという話で。
案の定、Twitterでは「無理がある」「体育で弓道はないでしょ」などの声があふれていましたが・・・

律の進学した大学が、私の母校がモデルのようですが、

あるんです。

弓道が、選択体育にはあったはず。

そう、恐ろしく、選択体育の種類が多い。

サッカー、陸上、バスケ、バレーなど一般的なものから、馬術、自動車、野外活動、女子体育、ボクシング、ウェイトリフティング・・・などなど、なんでもあった。

だって、私が履修したの

「トランポリン」

だもの。

そして、同じ時間に体育館のもう半分は「カバティ」だもの。

私たちが、くるくるトランポリンで回っている時、体育館に響く「カバティ、カバティ、カバティ・・・・」の声・・・。なかなかシュールな選択体育。そりゃあ、弓道もありますわ。


そして、同じく「半分、青い。」で井川遥さんがピンクハウスの服を着ているんですが、そうそう・・・この時代ってピンクハウスの人たくさんいたよね。

光GENJIのコンサート会場にいくと、もうとにかくたくさんいた。
前回話題にした「量産系ヲタク」もこの時代ならば、ピンクハウスの服をきた人・・・って言ってもいいんじゃないかってくらい、会場でピンクハウスを見た。
なんだか、懐かしくなりました・・・。


さらに話は変わりますが、すでに開幕している「カンヌ国際映画祭」。
私の大好きで尊敬すべき是枝裕和監督の「万引き家族」。なんとなく、勘でしかないけど、今回、なんか賞をとる気がする。下手したら、パルムドールいくんじゃないか・・・なくても、監督賞とか、女優賞とか男優賞とか・・・・という気がしてならない。
試写を見た・・とか言うわけではないけど、なんか、なんとなく・・・・何かの賞に絡む予感がしてならない。
カンヌの場合は、その年の審査委員長が誰か・・・というところが大きいんだけど、、そして、今年は、ケイト・ブランシェットだったかな・・・・。そこからは、何にも読めないし、傾向はわからないけど。
なんとなーく、獲る気がするんだよなあ
当たるか、外れるか・・・・。さあ、どうなるか。
nice!(1)  コメント(0) 

子どもにうけがいいもの [V6]

剛のお手紙に続いて届いたファンクラブの会報。
久々に勢いで読む。
ちゃんと読んだの久々かも。

カウコンの話のアツヒロくんがじわじわくる(笑)

振りを忘れていて、スターライトの振りを長野くんに教わるあっくん。
というか、スターライトの振りを覚えていた長野くん。

どっちにもじわじわくる(笑)

そんなあっくんのでていた「アオドクロ」を久々にみた。
というのも、wowowで1997年度版の髑髏城の七人をやっていて、私が見始めたら、子どももはまってみていたから。その勢いで続けて「アオドクロ」もみてしまった。

もうねえ。。。これ、、、刀、侍、チャンバラ・・・そして、「みいつけた」で体操のお兄さんをしている三宅マンこと三宅弘毅さん。そして、あっくんはイノシシに乗って登場・・・。
子どもが好きそうな要素が満載。
なるほど、、これ、子どもでもちゃんと見られるもんなんだな。

そして、森田剛の結婚報告の勢いで見始めたツアーDVDの特典のMC集と「帰れま6」企画。

リハ帰りのメンバー。
スタッフにキックボードで突っ込む森田剛。

こどもも私も大爆笑。

「剛おもしろいね」

そう・・・・森田剛はこどもにうけがいい。
我が家だけかもしれないが、うちの子、森田剛大好き。

ハロー張りネズミのヒーロー回なんて、何回みたことか・・・。
今回のツアーの特典関係でも、剛でやたらとうけている。
とにかく、剛を見ながら、ケラケラ笑っている・・・。

たぶん、息子の中で、森田剛とドラえもんと長野博、ウルトラマンあたりは同じような扱いなんだろうな。

ちなみに、ABCZでは圧倒的に塚ちゃん。

わかりやすいな・・・・・。

そして、あいかわらず、五関くんを「バック転」と呼んでいる。


そういえば、剛に対する健ちゃんのコメントがもはや兄弟か親のようでじわじわきていました。
そして、イノッチの「中学生のころから」ってコメントに、「小学生じゃなかったっけ?」「小3に見える中3」というMC集の話がリンクしてこれまたじわじわきておもしろい・・・・。

nice!(1)  コメント(0) 

朝から驚きの連続。今度は森田か [V6]

本当は、ちょこっと梅田あたりまで買い物にいこうとしていたのですが、娘が青っぱなを出しだしたので、これはまずいと・・・おうちにいることにしました。

息子を保育園に送っていって、戻ってきて、あさイチの「ハナレグミ」を見て、
すっごい今更ながら、、、
「ハナレグミ」と「スーパーバタードッグ」の人が一緒であることに気づき、「そうだったのかあああああああああ!!!!!」と思いつつ、イノッチ並みにハナレグミをノリノリでたのしんでおりました。

そしてやっぱりでてくる「三宅くんは何度かきてくれて」。
はいでた、三宅。いろんなライブに行ってるね〜。さすが健ちゃんだね。
健ちゃん、ピロウズの3期のvol1はいったかしら・・・と思いつつ。すごしておりました。

スーパーバタードッグでいくと、そうそう、最近「みいつけた」に登場した新曲「ひみつのひみこちゃん」。卑弥呼が見つからない、でも本当に会いたかったら会えるかもね〜的な歌で、なかなか歴史のいいとこついてきてるな・・・と思っていたら、作詞作曲が「レキシ」だった。なるほど。

そして、「ってことは、ハナレグミとレキシは一緒にやってたってことかああああ!!!!!」とすっごい、え??今さら????な驚きを朝からしていたのです。

そのほんの1時間ほど後に、さらなる衝撃が私を襲うとは。

郵便配達のバイクの音がしたので、あ、なんか来たな、と。

そう、配達指定とか書留とかだと、早く来るんですよ、我が家。

お、これは、ハンコが必要か??と思ったら、そのまま、帰っていったようだった。

で、郵便受けを見に行くと、V6FCから何か届いていらっしゃる。
ん????今日指定??なんだこれ??

長野くん、岡田の時より、薄い。
むしろぺらっぺら・・・。

開いてみると・・・・

はいきた・・・。かい、これきた。

森田剛から手紙きた。

おおおおおおおおおおおお、大安かよ、今日。

岡田の時のように怒りとかも感じず、「おめでとう」と思う。
剛、おめでとう。

まあ、相手に関してはいろいろ思うが。
女優は大変だよ・・・きっと。これまでの4人で一番大物だし。

とりあえず、剛、おめでとう。


・・・・・・・・で、心配案件。
いつも一緒にいってるお友達が・・・剛大好きなのですよ・・。
剛が結婚したら・・・・とずっと言い続けていて、ついに来たのですよ・・・・。
ちゃんと生きてるか・・・心配・・・・。
これ、仕事の昼休みに知るパターンだろうし。

にしても、V6。
6人中4人既婚って!!!!
もう、残るは、健ちゃんと坂本くんだけじゃないか。

「ジャニーズはグループ一人しか結婚できない」とか。
もう、今となっては笑えるわ・・・ははは。6人中4人だよ。

そして、やっぱり好感度が一番高い夫婦は、長野くん夫妻だな。


・・・・・・おまけに・・・。

朝知った驚き、もう一つ。

フジロックにボブ・ディランですと!!!!!!

ボブ・ディランが湯沢に足を踏み入れるなんて。

ホフディランの方じゃないかと思って、もう一度見たけどボブ・ディランの方だった。

今年は、久々にフジロックいけそう!!と思っているんだけど、こりゃあ、ボブ・ディランのでる日は、チケット、早々にソールドアウトしそうだな・・・。当日券でなそうだな・・・・。

今年、ユニコーンがくるようなので、久々に湯沢でユニコーンみたいんだが。
タイムテーブルカモン!!!!
nice!(2)  コメント(2) 

なにもクリスマスイブじゃなくたって [V6]

我が家にも届きましたよ、噂のクリスマスカード。。。
そう、岡田からの結婚報告。

何も、クリスマスイブでなくたって・・・。
岡田のファンがもう不憫でならない・・。

しかもこの年末の忙しい時期に本来配達のない日曜日に配達指定されたりしたら、そりゃあ、郵便局だって誤配送もするさ。
23日に入籍したんなら、その前日の22日金曜日のほうがまだましだったんじゃなかろうか。

私としては、別に誰と結婚しようが、構わないし、反対する気持ちもないけど、
今回はタイミングが悪すぎる気がする。

イノッチは結婚でやたらとたたかれていたけど、
私は、賛成派だった。

ツアー初日の発表の会場にも入っていた。
「お通夜のようだった」という声もあるけど、少なくとも、私の席のまわりには、その雰囲気はなく、みんな祝福していた。井ノ原うちわをもった私も一緒に泣いて喜んだし。よかったね・・と思った。

今思うと、賛否両論の反応が目の前であるだろうことを覚悟したうえであの場で発表したイノッチとV6のメンバーは、グループの先陣となるイノッチの結婚発表に対して「覚悟」のようなものがしっかりあった気がする。そういう雰囲気も感じとれたから、心からあの場で祝福できた。

次いで結婚した長野くん。
長野くんが幸せになるってだけで、なんだか喜ばしいのに、「いいにくの日」を選んだ博のあっぱれさにもう脱帽するしかないし、おくられてきたカードも、高級レストランのメニューのような、、、ディナーショーの招待状のような仕様で、「長野博すげえな・・・」と思うしかなかった。

そして、今回・・・。

うーん、なんだかな・・・と思うことがいろいろ。

結婚までの経緯については、週刊誌の既報通りというか、、、まあ、でも時間がたってるからあれとしても。。。。。

なんだろうな。。。一年も前にメンバーに報告して、準備してきたわりに、クリスマスイブを選んじゃうセンスというか・・・・なんだか、こう浮かれっぷり感がちょっと感じとれるというか・・・
なんか、ちょっといやだなあ・・・。

こういうのって、相手の側の事務所の関係とかもあるのかもしれないけど、なんで、もうちょっといろいろ配慮できなかったのかな・・と。
イメージが勝負の世界にいるというのに。

そりゃあ、結婚なんて当人たちの好きにすればいいけれど。

でも、なんか今回はすごくモヤモヤが残る。

これ、カウコンの司会がイノッチと太一って
、これも関係あるにおいがするよね。。

そして、触れるなって雰囲気も関係なく触れちゃうんだろうし・・・。

うーん・・・・・・なんとも・・・・・・

nice!(0)  コメント(2) 

20周年おめでとう [V6]

本日、11月1日で、V6、20周年です。

おめでとう!!!!

これからも、細々とついていくんで、たのしませてください!

もはや、OBと化していますが・・・細々と見守り続けていきます。
担当とかうんぬん別として、やはりV6は私にとって大切なのです。

この20年、、高校生だった私は、高校を卒業し、浪人して、大学で上京し、戻って就職して、結婚して、故郷を離れ、再び仕事をし、いつのまにやら母になりました。
18歳から20年という人生が大きく動く年月の中で、V6の曲や存在はいつもそばにありました。
そう思うと、20年という月日を継続して追っているのって、私にとっては、V6とピロウズなわけで・・・・この2つは、私の20年をいろいろな形で彩ってくれました。

途中から、河合郁人という存在が現れたことで、ヲタ生活はがらりとかわることになりましたが、CDやDVDの売り上げには細々と貢献しつつ、無理のない程度にコンサートや舞台にも足を運び続けています。
おそらくこれからも、続いていくことでしょう。

これからも楽しませてください。
一緒に楽しんでいきましょう。



・・・・・・と、コンサート会場でメンバーへは極秘で行われ続けていたリボンメッセージも無事に彼らに降りそそいだようで、何よりです。私も大阪で1枚メッセージを書いてきました。
「成功しました」という報告がファミクラから届き、ちょっとびっくりしました。


まあ、きょうはとりあえず、朝のジョグもV6聞きながら、車の運転もV6聞きながらすごしていたところ、博の米CMで突然、子供が「あああああ!!!!!」とテレビを指差していました。
ど、どうした!!????
博か??・ウルトラマンか???どうして博に反応した???

そんな20周年の11月1日でした・・・・。

代々木はなんか祭り感たっぷりだったようですが、
まあ、そこにいないとこにも応援している人が山のようにいる・・・ということは、6人もしっかりわかっていることでしょう。そういう人たちだと信じています。

とりあえず、11月3日の学校へ行こうと来月のwowowがたのしみーーーーー。
nice!(2)  コメント(2) 

やっっぱりイノッチだったか [V6]

「あれ、岡田にメールしたのイノッチだよね、きっと」
「私もそう思いました!!」

こんなやりとりを剛ファンのNちゃんとした昨夜。

やっぱり当たりだったか。
今朝のサンスポによると、イノッチだったとのこと。
やっぱりなあ・・・。

・・・・・そんな話のスタートですが・・・・

岡田!!おめでとう!!
日本アカデミー賞、最優秀助演男優賞、最優秀主演男優賞のW受賞。
おめでとう!!

その助演男優賞でのスピーチで、
「20年一緒に仕事をしてきた仲間から「お前がその場にたてることを誇りに思う」というメールをもらいました」

という話をしたわけです。
誰、とは言わなかったけど、「あ、イノッチだな」とすぐわかった。
その内容のメールをするのもイノッチらしいし、
それをV6の岡田ではなく映画人岡田という立場で名前を出さずに話した岡田も岡田らしいし。
最優秀主演男優賞受賞での緒方拳さん、高倉健さんの話も含み、ちょっとぐっときたわけです。


・・・・・・・・・と、そんな話をしていますが、相変わらず、私は「日本アカデミー賞」という賞が好きではないし、まったく信用していません・・・・。

・・・・私の好みの映画とはまったく波長があわないのがこの賞。
どうも、大映画会社と、お金のにおいと、話題性・・・といういろいろなフィルターがかかりすぎて、この映画賞に関しては、「大大衆的映画賞」と思っています。
ある程度の興行収入が得られていて、話題になるような人がとる・・・ある程度ヒットしていて、大多数の人が「感動した!!」という共通の納得が得られる作品が選ばれるのがこの映画賞だと思っているので、あまり信用していません。

ただ、今回、岡田がWで受賞した・・・ということに対しては、
「ああ、ものすごく多くの人に映画俳優として認められたんだな」
と思ったわけで、ちょっとぐっときました。

私が個人的に、あまり好きではない賞ですが、
多くの人に受け入れられての受賞なんだな・・・と思うと、「映画俳優」として看板をしょっていくことを認められたんだな・・・と思うのです。

・・・・・・・もっと言うと、このたくさん受賞した作品自体、そこまでの映画とは・・・・と辛口なので・・・「日本人として見ておくべき!!」みたいな意見をあまりに多くみすぎて、ちょっと引いています・・・。「日本人として見ておくべき!!」というこの題材の映画は私はもっと別の作品がたくさんあると思うので・・・まあ、そのへんはあまり触れないでおきましょう・・・。
そして私が、賞を勝手に決めていいのなら、
助演男優賞は「そこのみにて光り輝く」の菅田くん
主演女優賞は「0.5ミリ」「百円の恋」の安藤サクラ
にあげたいよね・・・・とか、まあいつもいろいろ思うのです。

2014年の映画賞関係、岡田はたくさん受賞したから、次は世界だな!!
とちょっと願っています。

・・・で、どうですかね・・・・
ここら辺で、SABU監督とベルリンとか狙っちゃうとか。

ここのところ、ごつめの渋めの役が多かったから、
どーーーんと、飛ばす感じで、SABUフィルムでベルリンに強いSABU監督とのタッグなんてどうでしょう。

ああ、でも最近昔の走りまくってた作品から、ちょっと静かな作りになってきたからなあ。

じゃあ、再び是枝監督とカンヌ目指すとか。
ああ、でもタイプが違うけど、熊切和嘉とかとのタッグも見たいかも。
山下敦弘とか西川美和とかがどう岡田を料理するかもちょっと気になるし、
あえてのキム・ギドクとかでどかんと濃すぎる世界にどーんといくとか・・・・

なーーーーんて、個人的には夢が膨らむんですが、エベレストいったり、いろいろ忙しそうなんで、
なかなか難しいんだろうなあ・・・。
nice!(1)  コメント(2) 

さすがだな、トニセン [V6]

ひとつ前に書いたトニセングッズの話。

いやあ・・・さすが・・・いい意味で裏切ってくれたトニセンに乾杯。

グッズの名前でみんなを惑わして、笑わせたにも関わらず、実際はそれなりにすてきなグッズたちだったという・・・。
友達が写メくれたり、UPしてくれたりでみることができました。

一番笑った長野くんのブランケット。
長野博の写真がプリントでもされていると思いきや・・・・・
NHをロゴにしておしゃれにしたふわふわブランケットだったという・・・。

坂本くんのポーチもポケットいろいろで意外と使いやすそう・・とか。

予想通りだったのは、井ノ原画伯のいつものあのゆるーいキャラが描かれたカップ・・・。
しかし、このゆるさが絶妙に気になるカップ。

いやあ・・・

やるなトニセン。

ネーミングで笑わせておいて、しっかり実際のグッズではしめるというこのトニセンクオリティ。

こういうのなら笑えるのだよ。
そして、さすが!!っって思うのだよ・・・・。


・・・・・・頼む・・・・学んでくれ、河合郁人・・・・・。

ああいうウチワとか、もうかんべん・・・・・。

こういうクオリティの笑い求む!!!!
nice!(1)  コメント(2) 

気になりまくり [V6]

ちょっと・・・

「YOUをつつみこんじゃうぞブランケット」ってなーーーーーにーーーーーーーwwwww

ひろしーーーーーーー!!!!!なにそれーーーーー。

っと、朝から思わずふいてしまった、トニセン舞台グッズ。

舞台のグッズって今そんなにはやりなのか??
舞台にグッズって必要か??

と、いつも思うのだけど、

きょうおくられてきたメールにでていたグッズ・・・。

坂本くんの「俺のポーチ」って。
え、もしや、セカンドバック的な???

イノちゃんCUPってもしやあの変な絵が入ってたりするのか??

トニセンプロデュースのスペシャルセットはなんなのかまったく謎だし。

そして、何よりも目を引いてしかったのは

長野博プロデュース「YOUをつつみこんじゃうぞブランケット」。

なぜにそうなる?長野くん。
そうっきちゃうのが長野博。

久々にグッズ関係でときめいた(笑)

やっぱり、そんなとこがトニセン。
それでこそトニセン(笑)

・・・・にしても、なぜに舞台でグッズ。
本気でプロデュースした雰囲気があるあたりがこれまたトニセンクオリティ。
nice!(0)  コメント(4) 

ちょっとびっくりしたぜ。 [V6]

昨日の夜の部のえび座。

なんと、イノッチが長男くんを連れて見に来ていたとか。

ツイッターで見たんだけど、びっくりしたよ。

もう、観劇できる歳になったのか・・。
はやいなあ。

後輩の舞台だけでなく、パパのコンサートも見にいけるといいね・・・・
と、思ってみたりしました。

ってか、イノッチが息子を連れて、こういう場に現れるって今までなかったんじゃないかな・・・と。

いろんな意味で、時の流れとか、
立場の変化とか、感じたなあ。

イノッチの息子くんよ、えびしという人たちはどうだったかい??

あれ・・・・こういうとこに見にいっちゃったりするって。・・・もしや、そのうち、事務所に入ったりする流れになっちゃったりするんだろうか・・・・・。
まあ、それもだいぶ先だな。

そして、そのついでにレポを探していたら、

どうやら、塚ちゃんが五関くんをえいや!!って持ち上げて、縦回転する技・・・・「カミセン返し」というらしい。

そうだ・・・・そういえば・・・昔やってた・・・・。

トニセンがカミセンをまわすやつ。
あれか・・・あれだったのか・・・。

そう思うと、やっぱ初期のV6は、アクロバット要員並みの技をやっていたんだよね。
頭の上で人をまわすって無茶な技もやってたし。
なんか、イノッチと剛、長野くんと岡田、坂本くんと健のコンビが多いよね、とか思い出したり。

そして、昔、代々木の横でサマリーやってて、えびしがバックに入ったり入らなかったりしていたコンサートの時、長野くんが塚ちゃんとばす土台に入ったことがあったとか。

そしたら、長野くんの土台がしっかりしていて、塚ちゃんもびっくりしたと話していたとか。

さすが、土台専門家、博。

そりゃあ、岡田をかついで、肩からバック宙させたりしてましたからな。

さすがすぎるぜ、土台専門家、博。

そして
「土台専門家のおれに言わせると、剛を物みたいに扱うな」
とイノッチに言い放った長野くんを思い出した(笑)

さすが、土台専門家、博だ。
nice!(1)  コメント(2)