So-net無料ブログ作成
検索選択
ジャニ舞台&ジャニコン ブログトップ
前の10件 | -

えび座にいってきた。 [ジャニ舞台&ジャニコン]

えび座という名の五関座。

え、これ、ごせき座でいいんだよね、、、。

ってか、なぜ長岡だったんだろう。なぜに長岡!?

長岡高は、たしかに「長高(ちょうこう)」、だけど。

長高野球部OBが、いなぴか、大河、冨岡、福士って(笑)しかも、背番号、それ、レギュラーじゃないし(笑)

悠久山球場を、悠久山野球場って、わざわざ言わないなー。

弥彦山バックにチャリでくるって、それ東京からの方角と違うからああ。

米百俵とか、、、河井継之助ね。河合と河井。あ、かわい違いね。


高校野球ヲタクにとっては、長高より、中越のが馴染みがあるのかしら。

Maxとき、とか、私が郁人みるために、今までどれだけ乗ったことか。

なんで、長岡だったんだ?なんで、長岡花火だったんだ!?

しかも、丁寧に、長岡の空襲慰霊やら、中越地震復興のフェニックスとか説明もあったけど。

ほんと、なんで、長岡!?

そんな、五関推しと長岡推しが半端なかったえび座。

きょうの昼、収録はいってました。

■ショータイム、いらないと思ったが、西寺郷太さんのリミックスがさすがすぎるので満足。お見事。あってよかった。

■郁人の前髪をすさまじく切ってやりたい

■あいかわらず、髪がのびるのが、はやい河合郁人。

■郁人の役は、予備校講師らしい。毒舌で炎上してクビ。

■戸塚は、高校野球ヲタク。のコンビニ店員

■橋本は、若くして成功したIT系のプログラマー

■五関は棋士

■塚ちゃんは、プロになれなくて引きこもりの将棋好き

■すべて数学的に予測できる橋本が、娘が死んだことで心に傷のある人間味のある社長と知り合って、応援屋というみんなを応援する仕事をしようとする。で、自分がつくった将棋コンピューターに負けて引退しようとする五関をみんなで応援したり、社長とその元奥さんの心の傷もいやしていく、、、、的な。ざっくりいうとそんな感じ。ざっくり言い過ぎだけど。

■で、それを、邪魔して暴走していくのが、橋本の元部下の電脳ボーイズだがデジタルボーイズだか。

■五関VSコンピューターは、殺陣で将棋の対戦を表現。

■音楽は、さすがの西寺郷太さん。安心感あり。

■ただ、歌にのせちゃうと歌詞が聞き取りずらいとこあり。

■応援屋の社長は長岡の人。長岡高出身設定。

■やたらとでてくる長岡、長高、弥彦山。Maxとき。

■今回は、役名が本人の名前じゃない

■長岡推しが半端ない

■革命で踊る五関。

■酔っぱらい五関

■眉間にシワな五関

■長岡並に五関推し

■五関と塚ちゃんのキャラに比べ、塚田、河合は、設定含み、かなーりあっさり

■今年のえび座はごせ座

■ギャグが…うーん、つまらない…うーん。スルー

■やたらとでてくる宮近

■のえるとかひさびさにみた。

■踊れる子達をしっかりそろえてみました!的なメンバー

■戸塚「悠久山野球場」ってか、地元は「悠久山球場」だね

■社長、東京からのチャリでかけつけたはずが、それでは弥彦から。日本海側からきてるね

■稲穂が雑で、米どころのにんげんとしてはうまそうにみえず許せない←どうでもいいね…

■長高野球部(笑)まさかのいなぴか、大河、冨岡、福士が長高野球部。

■高校野球ヲタの戸塚が長高野球部に萌えていたが、今ならそこは、中越あたりのがリアルかも。

■大河だか冨岡「甲子園はでれなかったんですけどね」。長高が甲子園でたら、地元かなり祭りになる。えらい騒ぎになる

■大きな声をだすのは、いつもやまりょうなイメージ。勝手なイメージ。

■いなぴかが、かわいい。とにかくかわいい。

ってか、いなぴか、大河、冨岡くん、福士くん、ひさしぶりー!!

■そういや、今井龍世とかどうしてるんだろうか

■江田!!!ひさびさに江田!江田!今日、いちばん近くでみたのが江田!ww

■仲田くんの声が通ってて、すごく聞きやすくてすばらしいわー

■MADEバックとか安心する。ほんと安心する。

■江田がバーテンダー。バーテンダーなる江田。

■将棋の駒役で応援で戦うほか四人。なぜ、金とか銀とかのお腹の文字を無駄に光らせた…。

■郁人の修也は河合塾がきらいらしい

■世界史の先生なら、私は、用はないな。わたし、日本史で受験しとりました

■うーん、わたし、やっぱり、この人の演出あまり好きじゃないかも……

■なんか、きょう、郁人が動きおさえぎみな感じ。

■郁人が秋山大河とじゃれてるとか、郁人が江田とじゃれてるとか、久々の感じがなんかいい。

■これ見ただけでちょっとお得感

■ああ、いなぴかかわいいなー。いなぴか、かわいい(本日二度目)

■江田の通路から客席への笑顔のピカピカ感がなんかキラキラしすぎてびびる

■なんか足りないなと思ったら、そうだ、ひろみとガッキーがいない

■郁人の帽子ないほうがいいな、なんて

■やっぱり郁人は前髪を切るべし

■ラストは、客席まで、応援屋に入社させられる

■あと数日、みんながんばってー。
nice!(0)  コメント(0) 

またまたの城ホ [ジャニ舞台&ジャニコン]

さてさて、昨日の昼もいってまいりました。えびしコン

楽しかった。

なんとなーく、のレポ

■五関がステージからおちたときに最初にかけつけたのは、米花くん。
「さすがの瞬発力がちがう」だよねー。

米花「大丈夫か?」
五関「大丈夫です」

これがはじめての会話

■米花!米花!

沸いた私と戸塚担Mさん。まわり、ぽかーん、あれ…

時の流れをしみじみかんじる

■滝ソロで城ホの外周から落ちたはっしー。現場検証し説明

■塚ちゃんに一緒に自分の番組をみようと誘われたが、丁重にお断りした五関

■河合「ないるもいますから」
戸塚「こじゃもいますから」

それ、一緒wwwwww

■こじゃないる、と言いたい気持ちはわかる

■階段からおちた光一のすばやさを説明する郁人。

戸塚「光一くんレベルだともはや階段はおちるものではなく転がるものですから」

■ソロに上半身裸な、戸塚。でてきて「太陽のあたる場所」のラップを絶叫。

ど、ど、どうした!?
←いつものこと

■ピタゴラスイッチをリコーダーで練習し続けるはっしー。撮影してた五関が帰ったあとも五関部屋に聞こえてきたらしい。

■ってか、あんたら、いつのまにか、一人ずつの部屋をもらえるようになったのね!!!

■最初の注意映像の撮影禁止の郁人のカメラはキャノン←いらない情報

ってか、持ち方が危なっかしくて嫌ああああああ!

■Mcがゆるい。本人たちもいわく「きょうのmcゆるくない?」やっぱりゆるい

■安定のひろみ、ガッキー。安心感のある、ひろみ、ガッキー

■やっぱり安定の安井。ある意味、安定のモロ

■郁人ソロ。嫌いじゃないけど、毎回あのパターンなんかなー。たまに、がっつりかっこいいのがみたいんだが。

■橋本「一輪車のれる人?」

はい、のれますが。
ちなみに、トランポリンもできましたが(大学体育の単位はトランポリンでとった)
ついでに、少しならエアリアルティシューもできるんだが。

出ようか?←いらない

■バック宙したまま、ステージから客席に落ち、お客さんの上に座って着地を決めた塚ちゃん

戸塚「実は、きょうその方がいらっしゃています!」

いない、いない

■海外ドラマは、視聴率がいいと続くが、ダメだとすぐ打ちきりと説明する五関

河合「おれ、アメリカいこうかな」

「なにしに?」

河合「語学留学」


それ、だめなやつ(笑)。
が、どうやら、ウケなかった時代の流れを郁人も感じたのではなかろうか。

「ワッチャネーム?」

やたらといってたが、それも、たぶん、時代の流れで伝わってないのでは

■楽器やにいくと「KAWAI」ピアノにドキドキする河合

■バックみちゃうよねー。
やっぱりみちゃうよねー。

友達と意見が一致したのは
「五関ソロ、橋本ソロはバック担はうれしいはず」

■あらんくんってほんと人気あるんだね。あと長妻。
時々観察すると、わかる。バック担が好きなのわかる

■真田におりたら、楽しいのかな、と、ふと思う←たぶんないけど

■郁人遠すぎるとき、目の前のモロと踊ってみた。なんかちょっと通じあえた気がする

■屋良っちフリのフライアフラッグは、どこまでもやらっち感

■やっぱ踊りだけの、メドレー、好き。

■郁人のトレインマンのセレクトが、クレアク~インザネームオブラブで、うわあああってなる(笑)

■クレアクのべいべべいべーは、やっぱり郁人じゃなきゃ。

■クレアク聞きながら、さいきんの曲はこなれた感じの曲が多くなったけど、クレアクとかバニラとかラブピとか、昔の曲は、ある意味、尖ってて、パンチがあって好きだな、、と思う。

■客の雰囲気がまた変わってて、しみじみもの思う。

■やっぱり、うちわを何人も持ちかえる人は、好きになれない。
まわりがそんな人ばかりで、なんか、それも時の流れを感じた

■ってかバック担は、一人にしぼろうよ…やっぱりさあ、なんとなくさあ

■郁人の今の感じは好きだな、髪型とか

■やっぱり、がっつり踊ってもらいたいのだよ

■やっぱ楽しかったなー。
nice!(0)  コメント(4) 

ひさびさの城ホ [ジャニ舞台&ジャニコン]

とりあえず、、楽しかった!
明日もがんばる。


…と、城ホにいってました。

ええ、郁人です。


コンサートたのしかったよ、たのしかったけどさ。

まじ、ないわ。
あれは、ない。

わたしが、もし、娘がいたら、ああは、なってほしくない。

楽しかったすべて台無し。

デビューして、人気がでるってことは、ありえないファンを囲い混むことにもなるよね、って思ったわ。


ラストに銀テープが舞ったと同時に、視界に何かが飛んだ。

隣にいた親子?の娘10代とおぼしき子が、スタンド客席の通路前の柵を飛び越え、通路にたおれ込みながら落ち、そのまま、はいつくばってテープを集めまくって戻ってきた。

よつんばえで、テープをかき集める姿は、もはや虫のようだった。

そこまでして欲しいか?

短めのスカートのワンピースだったよ。

恥ずかしくないのか?

一緒にいた40代後半から50代くらいかな?の母かな?の人も娘と同じようなワンピース着て、若いふうだったけど、その娘をなぜ讃える?

もうまったく理解できない。


まわりの人たちみんなドン引きだったよ。

みんな楽しい気分がラストで台無し。

ありえない。恥ずかしくないのか。

私があの子の母親なら、二度とコンサートなんか連れていかないわ。

母も一緒にはしゃいででてまわりが引きまくってるなんてわからないんだろうな。

ほんと、ありえない。
気分悪くなった。

そんな親子にファンサしちゃだめなんだよ、はっしーも郁人も。

長いことヲタクしてるけど、私も友達もあんなの始めてみたわ。

人としてどうなんだろう。

すごい光景みて、まわりはみんな顔色変わってたよ。

ヲタクって、やっぱり常識がない人がいるんだろうか。
恥を知らないんだろうな。


人のふりみて我が身を…じゃないが、ああなったら、終わりだ。

自分たちだけたのしけりゃいいんだろうし、何かを学ぶことはないんだろうな。


えびしがデビューしてたから、私もだいぶゆるくなった。

その原因にヲタの種類の変化もある。

Jr.時代のヲタクがすばらしかったか、と言われたら、そうとは言えない。

ひどかった人も、もちろんいたし。

でも、今日みたいな人を見たことは、なかったよ。

すごく嫌な気分。

最後の最後でものすごく嫌なものをみてしまったわ。

親なら怒るべし。
親じゃなかったとしても、年上の友達なら、注意すべし。

大阪の人だから、じゃないと思うよ。少なくても、関西弁ではなかったし。こういう話をやたらと地域でくくる人はいるが、地域の問題ではなく、人としての問題。

大人がしっかり大人じゃない人が多いんだろうな。


私は、娘や若い仲間があんな行動をとることを容認する大人ではいたくない。


……………………


さて、軽くレポ。

■郁人のビジュアルがいい感じ、継続。

■とっつーかみきった。

■塚ちゃんがとっつーと昨日、美容院に一緒にいったらしいが、塚ちゃんは激しい金髪。

■いい大人が、小学生レベルの下ネタで盛り上がらない!!

■あ、ふっかがみにきてた。そして、関ジュがででてた、

■郁人「坂本くんはターザンだった」間違ってはないが、ちょっと違う。モノマネ雑すぎ(笑)

■五関「あの金髪が」

■29歳までにロンダート宙返りを郁人がしなかったら、坊主。ゆえに、えび座、後半、坊主なら、ああできなかったんだね、と思うべし。

■郁人ソロ。ああ、君は、どこへ向かっていくのか。

■屋良ふりつけ、いい感じ。なんかいいよねー

■あらんくんって人気あるんだねー。あと、長妻くん。

■ひさびさにモロをみた。つーブロックの髪型が気になりまくり

■安定のやすい。

■ガッキーとひろみをみるとおちつく。

■真田がはしバックとかなんか泣ける。

■マイライフとかの歌わない躍りだけのメドレーよかった。やっぱがしがし踊ってほしい。

■とりあえず明日またがんばろう。
nice!(1)  コメント(2) 

A.B.C-Z ファンミーティング 神戸 2部 [ジャニ舞台&ジャニコン]

今更ですが。。ファンミ神戸2部の覚え書き。

■四角の中央ステージのまわりに4ブロック

■スタッフさんの呼び込みで、「ABCZ」「チャチャチャチャ」。で呼び込み

■登場。河合くんは、縦じまのカジュアルジャケット、ジーンズだったかな。戸塚くんは青の花柄トップスにジーンズ、五関くんTシャツの青のカーデ。塚ちゃんは。。。塚ちゃんは・・・とにかく金髪

■ハッシ-は、サングラスにキャップ。戸塚がつねに肩抱いていた・・・・あら、はっしー、ちょっとちっちゃくね・・・・・

■「ちょっと、ちょっと!!!」とはっしー登場。そう、最初のはっしーはスタッフさん。ニセ者。

■橋本やせたね・・・

■河合「気づかなかった人??」
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・実は、ちゃんとみてなくて、気づいてなかったよ・・・ははは・・・はっしーすまんな・・・

■ファンを抽選でステージにあげてトーク。
 最初に好きになったジャニーズは??と。上がった人は、
 丸山→五関 手越→河合 玉森→橋本 かーくん→長野→塚田

■塚田「手越良くない!!ダメ」
 あいかわらず、手越に厳しい塚田。

 塚田「本物の金髪じゃない!!」

 おまえも本物の金髪じゃないだろおおお

■河合「かーくんって大スターなんだぞ!頭にこーんな羽つけてるのに」
 でも、かーくんから塚ちゃんはなんだか納得。

■河合「玉森からって嫌じゃないの?」
橋本「でも、今、俺を愛してるんでしょ」

はっしーすげーな・・・こういう台詞がぽんぽんでてくるはっしーすげーな・・・。

■手越と河合の共通点に「優しくて・・・ファン思いで・・・」と答えた人に
 河合「手越がファン思い?????えええ???」

■戸塚の隣の人が塚田担だと知った塚田
 「おまえどけよおおお!!」強気。超強気

■塚田「先月かつかつ塚ちゃん!」

 どうやら、先月2000円足りなくて、家賃が払えなかったらしい。3日まってもらってなんとかはらったらしい。

河合「塚ちゃん、いろんな人におごりすぎなんだよ」

■丸山から五関の人が「ステージで輝く人が好きなんで・・・・」

五関「あ、じゃあ、ぼくですね!」

・・・で五関結局「パーン!!」と丸山くんのマネさせられるハメに

■・・・・・ってか、開場前に並んでいたときに話題になったのだが
 最初に好きになったジャニーズ・・・・・

・・・・・・・・・・・答えられねえええ・・・・・・

一緒にいた人も・・・同じこといってて・・・・「もしやKAT-TUN系ですか?と聞いたら、当たり。
「米国留学とかいろいろで疲れて・・・とかいえない・・・」

「いやいや・・・私なんて、逮捕されたりしてますから・・・ははは」
「あ。。。それいえないですね」

■もし、これ聞かれたら私なら
「河合くんがでていたBigの主演だった人ですね・・・」とか答えようと勝手に想定。
そうすると塚ちゃんが「ぼくもでてました!」とからんでくるだろうことまで、無駄に想定してみた。

・・・・ってか、言いづらいよねええええ

■昔の振り付けどこまで覚えているかゲーム。
 嵐デビュー曲、リアルフェイス、

バックの踊りを忠実にやった3人とリアフェのチッしかできなかった1人。

そして、メーンの踊りも交えつつ、ラップまで本気で再現した人1人・・・・・

■戸塚「ジュニアというのはですね、目立たないと、アピールする意気込みが・・・」

・・・・というスピリチュアルを再現した戸塚の大勝利

とう・・・昔、あんな笑顔で踊ってたよね、とっつー

■河合「そうだよね・・・おれ、めっちゃスタンスひろかったもん」

■シンデレラエクスプレスが一番思い出深いらしい五関
ちびっこのやる振りを説明。
「で、おれ、リズムとってゆれてて、テレビの画面に映ったり、消えたりするの。潤くんが超うけてた」

■河合くんのファンという男性「踊ってるとことかが、かっこよくて」

河合「昔からいる人はさあ、踊っているとこが好きなんでしょ」
とこっち側に投げかけたので
 全力でうなずいておいたぜ。

河合「まあ、こうなったのは、タッキーのせいですからね」

■最前列の橋本担に塚田「これねえ、はっしーの飲んだ水」
と手渡し「と、いつつ、ぼくが飲む!!」

これ、からまれたの一緒に並んでた人(笑)

終わったあと話したら「怒られるで!絶対怒られるで」と注意したが、塚ちゃんおかまいなし、だったらしい(笑)

■塚ちゃん好きという小さい女の子がいたが、近づいたら、うつむいたまま・・・
お母さん「それ以上きたら泣きます!!」
だよね・・・迫力ありすぎ・・・・だよね

■はっしーが好きな男性ファン。格好まで、はっしーが持っているものをコピー。
 はっしーみたいになりたいらしい

 戸塚「やっぱりCブロックですよ。Cブロックですよ」

Cブロには何かあるらしい。

・・・・・ちなみに私もCブロだった・・・

なにかあるのか・・・・
■河合の新作モノマネ、木村くん

挨拶にいったとき

 「何時にでるの」「12時すぎです」
 「寝ちゃうからみられないな」「そこをなんとかよかったらみてください」
 「しっかりみるから」「ありがとうございます」

の木村くん部分をすべてジェスチャーだけでやっていたらしい。一言もしゃべらなかったらしい(笑)

■中居くんのうちわもっている人がいた・・・・
 ・・・・・・そういうの、私すきじゃないな・・・とこういうのをみるたびにいつも思う・・・・・・・という愚痴ここでつぶやいておく。・・・・ってか、いちいち、こういうのをいじるなや、河合郁人。
毎回、毎回、スマップやら嵐やらのうちわを持ってきて、いじられようとする人たち・・・正直・・・めんどくさい・・・・
まあ、いちいち反応しちゃう、郁人が悪いんだろう。

■曲が流れているので、
河合「その曲が好き?」
好きな曲の反応をきいて「サマパラの構成みえた」なるほど。
 
郁人的には「渚の」がジャニーズっぽくなくて好きらしい

■シャワーゲートの郁人ラストの「シャワ・・・ゲイ」の振りをまねしてあげたら、宮田が超喜んだという塚ちゃん。
前日、塚ちゃんは宮田とカラオケいったらしい

■Ho!サマー、シャワーゲートを歌った。

■Ho!サマー、ひさびさにテンションあがった!踊った

■塚ちゃん曰く、一緒におどっている人は昔から、応援してくれてる人で、踊れない人はこれで、こんな曲あるんだな、って知れていいんじゃないか・・・とのこと

■お見送りは、ハイタッチ。

塚田→五関→戸塚→河合→橋本

■いきなり塚ちゃん。いきなり金髪。しかも1人両手ハイタッチ。
なので、迫力ありすぎて、五関がうすれる事件発生

■かわいくんには言いたいこといえたから、よし!!
  おおおおおお、といい反応したからよし。

・・・・・・・・と、以上に今さらな覚え書きでした・・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

30分遅れ [ジャニ舞台&ジャニコン]

30分遅れで、入れました…。

ファウストとマルガレーテが出会う舞踏会の少し前に入れました。

なので、ブサ男ファウストは、見ることなく、もうすでにイケメンファウストさんに変身してましたわ。

一本前の新快速だったら、しばらく電車に閉じ込められていたようなので、駅で止まったのは幸いでしたよ…ほんと。

…で、ファウスト。

とりあえず、オフィスト五関のアイメイクが去年より濃い気がした。

…そんなことではなく

ファウストが女に変わるのと、死んだ妹映像が一緒って…

…とか、そんなことでもなく、

会見で妹よりかわいいと発言したため、妹が一ヶ月話してくれなかった郁人

…と、そんなことでもなく

その妹を梅さんのお清めに「妹がいるのでどうぞ」と五関が勝手に差しだした

…と、そんなことでもなく

天使が連れてきたピロティさんではなく森宮さんだけどシャーマンさんがあっさり悪魔と手を組んでるよ、

…と、そんなことでもなく

そんなにあっさりファウストを尊敬していいのか、アバレとかカスメとか

…と、そんなことでもなく…


なんか去年より見易い気がしたぞ。

シャーマンとか入れて説明台詞を増やしたせいか、映像で説明を増やしたせいか、

去年より、ちょっと豪華にして、ストーリーをはしょった分、簡素化されて、見易くなった気がするのだが。

まあ、基本的なとこは変わらないし、

手塚治虫作品はやはり漫画で味わうべし、であることは間違いないのと、

セレネの封じ込めとかなんか、いきなり和というか中華テイストが入ったりする違和感とかぬぐいきれないし、

作品自体、私にはまらないので…。

途中からしかみてないが、郁人の仕事は見届けた!ということで、今回はOKかと。


そうそう、ずっと感じてた郁人ファウストの違和感がなんだかわかった気がした。

郁人の殺陣。

あれ、洋物設定なのに、衣裳も刀も「洋」なのに、

殺陣が
「おれが平将門だー」
とか、
義経さまと水の中戦うふけのり、なんだわ。

郁人の殺陣が、どこまでも「和」なんだな、だから、違和感あったんだわ、きっと。

刀もった構えとか戦い方が和ものバリバリなんだわ。

マルガレーテの兄ちゃんと戦う時、相手が片手を後ろにしてやたらスマートに戦ってて、あーそうか、そこだったか!と一人で妙にふに落ちて納得してしまった。

もしや、この芝居、和物設定にしたら、案外はまるかも。

あー、でも天使とかややこしいか。

ファウストが、最初とらえられるとことかも、お縄にされてて、王が殿様。

セレネも山にすむ妖怪で、マルガレーテは城の姫で。

悪魔やら天使はなんか天界からうまいことしてもらって…


劇団☆新感線風な冒険活劇にしたら、これなかなかおもしろくなったりして。

…ところで、マルガレーテはなんで拾われた子になった??拾われたとかいうから、実は死んだと見せかけたファウストの妹なんじゃなかろうか、と勝手に想像してたら、違うっぽかった。まあ、いいか。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

A.B.C-Z Early summer concert 6月13日夜 大阪城ホール [ジャニ舞台&ジャニコン]

なんだか日にちがたってしまいましたが、適当に自分の思い出のためのメモです。
いつもにまして、順不同です。
思い出した順に書いていますので、適当にゆるく見てください・・・。

■オープニングの映像はやっぱり良い感じ

■バックステにきた郁人をみていたら、花道はさんだ一番後ろにやたらと踊っててノリノリの男の子がいるなあ、と思ったら、重岡だった。ガタイがよくなりすぎていて、桐山かと思った・・・

■よく見たら、大西、向井も一緒だった。

■ってか自分の後ろをみたら、なんだか関ジュがわらわらいた。こじゃないるがいた。あと真鳥くんも

■すでにかなり早い段階から汗だくな塚ちゃん

■郁人の髪型が最近良い感じ

■Jr紹介で石垣くんにピアノを弾かされるが、とちる河合。
河合「テレレレンって、バイオリンでひくのやめてくれるかな!!!」
ぺこぺこ謝る後藤

 きれいにひく石垣と後藤

 河合「だから、二人ができるのは当たり前なんだから!!」

■トウインクルペンラで、河合「ない人も手を思いっきり開いてくれたら、なんとかバレませんから」
・・・・・・・・・・・・ふと見たら、重岡くんが本当に思いっきり手を開いていた・・・

■ステージにあげられた重岡くん。心斎橋で買ったばかりのアディダスのTシャツ。
「はずかしいいいい。うつさんといてええええ」

河合「ってかさあ、その組み合わせダメでしょ。アディダスにナイキのスニーカーじゃん」
・・・・・・・・・・・たしかに

重岡「やめてえええ、うつさんといてええええ」

■重岡くんは戸塚大好き。なんだか男にモテる男、戸塚祥太

■橋本ソロの話。河合「おれだけシンガポールで見られない」たしかに

■橋本ソロ
 戸塚、目頭をおさえながら「一人で・・・・橋本が・・・最初からですよ・・・・最後まで・・・2時間・・・・考えて・・・・・・
      ・・・・・・絶対見に行ってやるうううううううううううううう」

■河合「で、あれでしょ、2時間やって、ローラースケートおいてステージからおりるんでしょ」

 それはあれですね、ええ、知ってます。

 河合「知ってる人歳ばれますよ」

 ええ、それが何か・・・生で会場で見ましたけど、何か?・・・

■エビラブ一言

 戸塚「今夜抱いてやるよ」
 河合「愛してるよ」
 
 五関「やっぱりぼくは、みんなのことが・・・・・・」あいかわらずの時間切れ言い切れず芸

 塚「今月かつかつ塚ちゃん!!!!!!!!」


■MCでまさかのはっしーが、塚ちゃんの今月かつかつ塚ちゃんについて掘り出した。

 橋本「今月本当にかつかつなの?」
 塚田「かつかつ・・・ふうまたちにごはんおごってやった」

 橋本「塚ちゃんさあ、ジム2ついっているでしょ。ひとつ解約しなよ」

 そして、そのまま、ボルタリングの解約もすすめる

■塚ちゃん、いろんなアミノ酸をためしているらしい。スポーツ店でもらって外で試飲して、またいって飲んで、といろいろな種類を試しているとか。

 五関「それさあ、どれの効き目かわからなくなるんじゃないの」

 ・・・・・・・・・たしかに

■人と向かいあう演技で「相手は自分をどう思っているんだろう」とか考えてしまうらしい、郁人

■でも三田さんには大丈夫らしい

■五関よりも先にファウストの宣伝をどうしてもしたい郁人

■五関ほんとうにほんとうの20代ラストのライブ

■五関「30代はいろいろな人と会って、いろいろなことを経験し、厚みのある人間になっていきたいと思います」

 河合「普通じゃん!!!」

 五関「しかたないでしょ。」

■渋谷でエスカレーターをおりていたら、「あ、きたよ」とかいろいろ聞こえてきたので、やばい、からまれる・・・と思って顔をかくしてうつむきながら歩いていた塚ちゃん。やたらとでかい男たちに囲まれたらしい・・・

塚田「半澤とかふうまだった」

・・・・でそのまま連行されて、お会計はしっかり頼まれたとか

■橋本「塚ちゃん、それ、話もってるべ」

■やたらとしゃべりたがる佐久間。
 しゃべりたい人で、みんな手を上げるスノーマン

 河合「じゃあ、あべ」

  ・・・・・あべちゃん、手あげてないし

■クリエ以外で、久々にえびしのバックにはいったあべ。
そっか、そういや受験してたもんね。

■シンガポールで大和魂を伝えたい照くん。というわけで、きっちり、さっぱりな日本男児な髪型に
河合「顔小さいからできるんだよね。おれやったら、顔だけ目立って・・・」

■えびLOVEでふうまのマネする郁人。
これ、あれだな、完全にバカにしてるな・・・(笑)

■昔の河合話。
 目立ちたいから、やたらとスタンス広めの踊り

 ええ、知ってます、ええそうでしたね。

河合「おれ、しゃかりきだったもんなあ」

ええ、そうなんですよ・・・そんなあんたにはまってからもうそれなりに年月がたつわけで・・・ははは

■五関「北山もね」
 河合「ああ、北山のは悪目立ち」

 あんたもな!!!!

■シンガポールとかやたらと忙しい、忙しいをアピールしたい河合郁人

■五関くん30か・・・。はやいものだ・・・・・・

■インザネームオブラブは、やっぱりいいなあ。今回は正面から見られたけど、円形ステージをしっかり使えている感じもすごいいいよね。ってか、円形ステージをしっかり使えるようになったってだけで、泣けるよね、成長に。

■昔映像みながら、
河合「これはなんの時か、わかりません・・・が」

ええ、それはクリエですね・・・。
とか、ほか、いろいろ・・・ああ、これも見たな、あれも見たな・・・的な。こっちもしみじみ

■演舞場だか歌舞伎だか、どっちだかよくわからなくなっている河合郁人。
自分がでていたのすらよくわかってなくて、びっくり

■戸塚「なんでも上に滝沢ってつければかっこよくなるんですよ」
    「滝沢歌舞伎!とか滝沢演舞城とか!」

 河合「滝沢歌舞伎!滝沢演舞城!」

 戸塚「黒澤映画!!と一緒ですよ」

   戸塚「黒澤映画! 滝沢歌舞伎!」


たしかに!!!!!黒澤映画!!

■なんか塚ちゃんのシャワーゲート衣装が小さくなっているんじゃなかろうか疑惑

■「少年たち」について塚田「少年はもう無理かな」

 無理です!!

■ちょうど前にいて、ああ、この子が長妻くんか・・・としみじみ見てみた。 

■トウインクルで必死に戸塚にアピールする重岡。結局とっつーからパームライトもらう。
  ガッツポーズで、やる気満々な重岡
 終わったら、とっつーに投げて返却

■塚ダークネスに「なんてこった」状態で頭をかかえる重岡

■大爆笑する関ジュ。手をたたいて爆笑するこじゃないる。

■塚ちゃんのバック転準備中、「がんばれー」って本気で応援する関ジュにちょっと好感度あがる

■よく見ると、めっちゃこわい塚田リカ
 リカって・・・・・そんなんじゃない・・・・・・・

■ダークネスの完成度が高いんだか低いんだかよくわからないが、これでいいのだと思えてしまう塚ダークネス

■塚ちゃんバック転、いつもより短いのをどーするのかな、と思ったら、20回で折り返して、往復。
 往復あわせて計34回

 塚田「でも、折り返しちゃってるから記録にならないんだよね」

■ラブピへの流れいいよねえええ。
だからこそ、完全フルコーラスで見たかった気もする

■横顔かわいいかい?はどうしてもニヤっとしてしまう・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・負けたぜ、河合

■横顔かわいいかい?横顔かわいいかい??

■アンコールで、良い感じに起こった「ABCZ」コールがきれいにはまった

■ツイッターとかで拡散していた人たちがいるみたいだけど、、、会場が良い感じにまとまったからだろうな・・・と。
河合「まず、最初に声をあげてくれた人に感謝。それについてきてくれたみんなに感謝。これやっていこう!!」
 たしかにすごく良い感じだった

■Wアンコール
 橋本「もっとやりたいんだけど、新幹線の予約とっちゃったんだよおおお」

■Wアンコールの後、ABCZコールがあったが、はっしーの言葉と、場内アナウンスが流れてないな・・と思ったときに、大拍手が起こって終了。

 終わりよければすべてよし!!

■昔みたいにがっつりファンサとかは郁人はあんまりしなくなっているけど、
それはそれでいいと思うし、みんなが幸せに「なれる系ファンサが多くなっているのはいいと思うよ!でもたまには、はっきりわかるファンサ的なものをしてね!とこっそりここでつぶやく(笑)

■河合「ぼくたちもどんどん大きくなっていくので、みなさんも浮気しないでついてきてください」
「浮気しないで」、ってわざわざいうってことはなんかいろいろ気にしているんだろうな・・・なーんて思ってみたり


■戸塚祥太は安定の戸塚祥太。
 戸塚祥太はやっぱり戸塚祥太

■もうね・・・今月かつかつ塚ちゃん・・・のインパクトが・・・(笑)

■郁人がいい笑顔で見せてくれたから、よし、としよう

■なんだか楽しかったな



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上。

すさまじく順不同ですみません・・・・・
nice!(1)  コメント(2) 

A.B.C-Z Early summer concert 5月31日昼 代々木第一体育館 [ジャニ舞台&ジャニコン]

気が付いたから、6月です。
というわけで・・・昨日の昼の感想とかメモ書きです。
いつものごとくメモとかとってないので、記憶だけで。なので、間違ってても気にしないでください。セトリはひろってきました。

■OP なんだか疾走感のある映像で、わくわく(これがあとで、戸塚プロデュースであることを知る。)カウントダウンしながら、みんなが疾走している映像はカウントが減ってくるだけでちょっとわくわく。

■Vanilla そうか、そうきたか1曲目は。これできたかさすがだね、わかってるね、河合さん


■メクルメク バックJrもいるのでなかなかにぎやかないい感じ。
       バックは、スノーマンと寺西、森継、目黒、長妻、谷村、原(だれか忘れているかも)そしていつものバイオリン後藤、われらが石垣くん。小川、岸たかよしくん、佐々木(新人らしい)あとは研修生Jr

■Summer上々!! この曲は楽しいね。センステに移動。

■A.B.C-Z LOVE  センステでメイン入れ替えながら。V6でみたせり上がり系円形ステージ。
         郁人のかっこつけセリフは・・・・・忘れた!!!wwwww
         塚ちゃんの「つかつかつかつかつかちゃん!!」
         五関くんの「今日は最後までみんなで盛り上がっていきま・・・しょう」がつめこみすぎで、言い切れず・・・でウケてて、郁人の言ったの忘れた・・・まあよし

■Like A BlowとMy life のremix このリミックスが意外といけてた。おおおおお、この手法できたか!!この手があったかこれなら、つめこめるね、いろいろと。

■ドラマ(戸塚) 戸塚ソロ。ギターもってセンステで、いつものスタイル。
     この曲さわやかすぎて、びびるね。なんだか、さわやかすぎてビビるわ

■We're Fighters (五関) バック従えて、センターステ中心でがっつり踊るね。
        そうだよね、これで踊らなかったら気持ち悪いよね。そうだよねこれ、フードかぶっちゃうよね。。。、そうそう五関くんの髪型は片方がっちりあげてる系のやつ。

■どこまで Happy!!! これだっけ、映像使って裏にもぐったりしてやるの。体半分映像だったり、そんな感じのやつ、。郁人の馬はこのくらいでちょうどよい。その馬に戸塚がのる映像とか、このくらいならほどよくて嫌な感じもないし、楽しく見られた。

■渚のBack In Your Heart  しっとり、ゆっくりいい感じ

■SPACE TRAVELARS   ま・さ・かのジェケットが上からおりてきたあああああああ。
             ↑
             この規模の会場でやるとは・・・ちょっと斬新で衝撃。
             裏のはや替えでもなく堂々と上から5枚ジャケットをおろしてくる・・・という潔い着替え。衝撃。。。ええええええ、この広さの会場でそんな堂々と上からおろしてくるんかい!!

            メインからセンステへ。派手なアクロバットはセンステ。

■ずっとLOVE  バックステのほうへ移動しながらだったかな、たしか。バックステで歌ってたな。
■Attraction!   花道とか、トロッコとかそんな感じだったかな・・・・

■BAD BOYS (河合) 「おれがやりたっかだけ」ドラムを気持ちよさそうでたたいてたねー河合さんよ。スノーマンもマイクあって歌ってたし。ってか、よく考えたら、これ、スノーマンのがむしろドラマでてたし、メインじゃないか。やりたかったんだろうな、河合さんwww

■未来は明るいかい? (河合) ・・・・不覚にも「横顔かわいいかい」でふいたwwwww

          この曲、CDで聞いてた時はやたらとイラッとくる系の歌詞連発だったんだけど、あれ、あら、なかなかいいじゃん。楽しいじゃん。スノーマンとパラパラ系のふりでなんかいい感じ。しかも、途中から、他4人が直立のコーラス隊で登場。

   ・センステまで移動したのに、やっぱり直立コーラス隊
   ・だめだ2回目の「横顔かわいいかい」もふいてしまった・・・負けた・・・負けたぜ、河合に。
   ・河合は可愛いかいで口を隠す振りなのは、そういうことですね。←ジャニーさんの顔の下半分がブサイク発言。隠せば、かわいい、ってことですか、そうですか・・・
   ・歌終わりで話だしたから、えええええ。mcを後ろ向きで聞けですとおおお、と思ったら、普通に正面に移動した・

   ・「あれが正面ステージで、あっちはセンターステージといいます」となぜか解説を始める戸塚
    そうだ、・・・そういえばこの人説明ぐせあったんだ。

■MC
 ・公開記者会見。客席バックの写真撮影・カメラが増えて喜ぶ塚ちゃん
 ・「ジュニアのうちわもあげていいから」と河合。ですよね・・あなたのジュニア時代・・・どんだけうちらががんばったことか・・・。

 ・キスする勢いで五関くんに顔を近づける河合くん。会場の「キッス、キッス」の声に「あとでするから」・・・・・・うーん。微妙!!!!!!!

 ・8月の予定の発表で相変わらずな塚ちゃん、
「頭に僕らの夏は・・つけて」という話から
 塚田「ぼくらの頭はサマーパラダイス!!!」えええええええ。
さすがのとっつー、お手上げアピール

 ・五関の振り付けに対し、河合「まあまあですね」
  河合の総合演出に対し、五関「まあまあですね」

  ・塚ちゃんの役割「アクロバットコーディネーターとアクションコーディネーターです!」となぜか、一人だけかっこいい肩書。

 ・映像は戸塚。なるほど。

  ・橋本はグッズ。おすすめグッズ・・河合のうちわ話になり違う話したため、結局わからず
   
  ・河合のうちわについて「木村くんがやって、亀梨くんがやってパクリました」
   戸塚「伝統芸です!!!」

  ・うーーん。。。。今回の河合うちわもいらないな・・・・こういうパクリとかネタとかいらないわ、まじで。オリジナリティーで攻めてげよ、河合郁人よ。

 ・見に来てい紹介されたセクゾ3人とふぉーゆーのこっしー以外。こっしーは???こっしーは????松崎曰く「歯医者」(別仕事とかだろうね。。。きっと)

 ・河合、五関、塚田、戸塚のうちわを持つ、松崎、福ちゃん、ゆうだい。そうだよね・・・雄大もこっしーもABCだったもんね。

 ・ふうまの河合呼び。もはや芸。
  
 ・勝利くんは、BADBOYSにびっくりしたとか。そして、夏のバレーボールもしっかりアピール

 ・郁人のシンガポールでやらなきゃいけない腹筋太鼓を戸塚が実演アピール。
  (これはあれだね・・・三宅太鼓のパターンだね)
 その時のたっきーのぐるぐるまわる太鼓も戸塚が実演

 ・前日見に来た宮田とごはんにいった塚ちゃん
  塚田「ダークネス、飲めダークネス、食べダークネスとかみやっちが真似してた」
  まだやってないのに、思いっきりネタばれする塚ちゃん

 ・はっしーはコンビニでトイレをかりようとして店員さんに一声かけたら「いいよー」と気楽に言われた。日本人じゃないかも・・・とあったが、名札に「まつもと」とあったらしい。

 ・すばるくんに来てアピールをしたはっしー。「土曜にいく」と言われたが、土曜に現れず。めっちゃ探したらしい
 ・稽古場の近くのコンビニの店員さんも「あっためる?」とタメゴになるらしい。それを雄大がマネするとか

 ・はっしーがスノーマン大好き、話。JJやってたしね・・というところから。
  坂本くんのシェルターの坂本くんの間奏ダンスの部分を伊野尾がJJ時代にやると、手で時計をやるだけだった話で盛り上がる。誰がみても時計が進んでいるのがわかる、という、。

 ・JJとかなつかしいわ・・・

 ・五関、塚田、橋本の話に着替え終わった河合「お前らその話どうでもいい」
   「でもおもしろかったけど」とぼそっと。

 ・え、この3人の話、普通におもしろかったよ。

 ・戸塚の昼ドラにはっしーげゲスト出演するとか。マネージャーさんにいきなり「橋本もでるから」と言われたらしい

 ・サマーパラダイスは郁人はリハなしとか。シンガポールあるから。
  ってことは、郁人ソロは、それなりにシンガポール路線がみられると踏んでいいな、河合くんよ。

  ・「日本の一番長い日」のために坊主にした戸塚。 「やらかしただろ、と言われましたよ、前科がありますから」途中から、「やらかしました!!」と答えていたとか

  ・橋本ソロに戸塚「ぜってええええええ、チケットとってやるううううう!!!!!!」と絶叫

  ・でてって、お客がいなかったら・・・と不安なはっしー。もし、出てってお客ガラガラだったらすぐ帰るらしい

■Shower Gate  mc終わりでさわやかだよね、やっぱこの曲。
        そういや、別にダンシング五関先生のダンス教室って必要なかったような・・・
■サヨナラBOX ここで、この曲きたか。そうか、そうきたか。

■NO CONTROL(スノーマン) !!!!!!!!!!!!!!!!!ノーコントロール !!!!!なつかしい・・・・なつかしいわ。ABCの時、歌ってたね・・・なつかしいわ。。。
■ガムシャララ(スノーマンとJr)楽しそうでよし!!

■In The Name Of Love~誓い センステでこの曲!!センステでこの感じいい!!この曲好きだああ。こういう曲はずばっとはまるよね。後ろから見る感じもいい。

■Twinkle Twinkle A.B.C-Z  5人がそれぞれ散る形で、いつものペンラ芸。
            これやるのに、毎回ペンラ買わなきゃいけない・・・のなら、もう、配ってくれてもいいよ・・・・・・といつも思ってしまう・・・

■stay with me (橋本) 橋本ソロ。赤いバラ??の花束もって歌う。
            最後に「ぼくと結婚してください」
             ・・・・・・ど、どうした???・・・・そうか、こういうのにわくのか・・・・そうか・・・・そうか


■DARKNESS (LOVEです☆ver.)(塚田)  バックステにダークネスさん降臨。赤い髪のズラで、ビジュアル系なダークネス・・・・・そういやそうだよね・・・・「ビジュアル系はいないからね!!」って前に、塚ちゃん力説してたもんな・・・・。
 で、そこから、リカがでた。(説明しよう!!塚田リカ、はクリエのギャグジカルで、SHOCKのパクリをやった時に、塚ちゃんがリカ(SHOCKに登場する役)として突然登場して会場は爆笑の渦に。それから、ちょいちょいでてくるようになって定着したキャラクター)
 この回はバック転連続28回を達成

 ・塚ちゃんのバック転のために、「傾斜のあるステージから階段に変えました」(河合)とのこと

■ボクラ~LOVE&PEACE  映像からのラブピ。映像からのつながりがすごくよかった。地球とか台地とか・・・・涙から目がでるとか・・・そんな映像からのラブピ。
この曲はぐっとくるね、やっぱり。
 できたら完全に、フルコーラスで見たかった!!!

■Finally over ~僕らのこたえ~Here We Go~ BIG STAR ~naked ~Inazuma☆Venus
 ・ラストスパートいくぜええええ的なメドレー、一気にラストまでノンストップ!!会場走りまくり、トロッコでたり、、そんな感じ。

 ・nakedだったと思うけど・・・・

 戸塚・・・ジャケット脱いだ、・・・ジャケット舞った!!!!・・・そのまま上半身裸で、ヘッドバンキング!!!!!!!!!!!!!!!!さらにセンステまで猛ダッシュ!!!、ヘッドバンキング!!!!

もう、とっつーにくぎ付け。

・おかげで、もうこのメドレーの記憶、これしかほぼ残ってない・・・ぜ。恐るべし、戸塚・・・・


■特別な君へ  それぞれ、トロッコなりなんなりで、メインステに移動しながらの曲。
      終わり感バリバリ

■アンコールZa ABC~5stars~ Legend Story

 ・アンコールはじまるのはや!!!ああ、あれか、会見あって長引いちゃったからか・・・時間がつまっている・・・ってことか。

 ・アンコール最初の登場が□の枠にのるアクロバットから。
  うーーーん、こういうのは、MC終わりくらいで、座ったままみたいな。
  アンコールの熱があるうちは、一気に曲のがいいな。

■なんか、こう・・・・オリジナルアルバムのせいか・・・Jr臭さが抜けた感じがした.

一気に垢抜けたなあ・・・・という印象

■前回の代々木に比べると、すごく見やすくなっている気がする。構成も会場使いも

■というわけで、予想以上に楽しかった

■パームライトというペンライト・・・・でっかくてじゃまくさい・・・・・
 わりと見えずらくなるから、あの大きさはちょっといやだな
 
■ペンラ・・・コンパクトなタイプがありがたい、いろいろと

■スノーマンを久々にみた。おおおおお、みたいな

■研修生のちびっこで、めっちゃ、ちゃんと踊れている子がいた。アピールもうまいし、適当にフリーで踊るときもやたらとちゃんと踊ってた。ああ、こういう子ってどんどん前にくるんだろうね・・・としみじみ

■でも、昔みたいにたどたどしいダンスの子たちもJrっぽくていいとは思うんだが

■谷村くんと長妻くんを間違えて覚えていたことが判明

■ この日もやっぱり石垣くんがはステキだった。

■新人佐々木くん。河合曰く「宮近をきゅっとさせた顔してるよね」

■井手さん曲はやっぱりぐっとくるね

■河合はかわいくないけど、横顔はかわいいかもしれないけど、かわいくない気がする

■「横顔かわいいかい」ぷぷぷ

■インザネームオブラブで、ちゃんとかっこつけてる郁人が見られたから満足

■何度も言うが、あのうちわはないわーーーー

■「パクリ」を卒業して、いい加減「オリジナリティー」で勝負してほしいと願う。

■ふっかが、紹介で郁人のマネしてた

■期待を裏切らない男、戸塚祥太。
 どこまでも期待を裏切らない男、戸塚祥太。

■塚ちゃんは塚ちゃんのままでいてほしい

■五関くんの髪の毛、サイドあげは定番化するのだろうか

■本編ラスト衣装、それぞれのカラーでイメージがつながる景色は描かれていた。
  五関→青、海 橋本→赤、夕日、戸塚→ピンク、ビル群 塚田 黄色→森
  ・・・・で、河合→紫、表はグランドキャニオンみたいな・・・・・・なのに、背中側にスフィンクス!!!はい、エジプト。でも表は砂漠ではなく・・・あれ、つながらない・・・・そっか、ワールドワイドなのか・・・・そうか、そうか・・・・一人地球儀的な・・・・一人世界一周的な・・・・そうかそうか・・・・・おかげで、スフィンクスが気になりすぎてしかたなし

■ものすごくこなれていいコンサートになっていた

■なんかすごく楽しかった

■過去映像がイチイチ懐かしい。ああ、あれも見たな・・あれもいったな・・・的な・・・イチイチ懐かしい

■生着替え、的なコーナーのぐだぐだ感は好きではないな。ああいうので、かわいいいいって層が増えたんだろうな・・・どっちかと言えば、さくっと着替えて、ひとつでもパフォを増やしてくれるほうがうれしいなあ

■郁人のソロのノリとか見ていると、なんだか長野博を思い出す・・・なぜだ、なぜ博・・・・(たぶん、トニセンのノリから)

■個人的にはダークネスのビジュアルイメージは髪は赤ではなく黒だった(という、勝手なイメージ)

■戸塚のさわやかさはずるい

■久々にいくとやっぱり楽しい。そして、なんだかんだで、やっぱり好きなんだなあ・・としみじみ思うきょうこのごろ

■数回みて満足というより1回でも満足度が高いコンサートになったなあ・・しみじみ

■というわけで、次は大阪・・・・


・・・・・・・・・以上。

いつも通りゆるくてすみません・・・。
nice!(0)  コメント(2) 

★2014年を振り返る〜ジャニ関連★ [ジャニ舞台&ジャニコン]

昨日みた、バックコーラスの歌姫たち、という映画が、バック担経験者には、なかなか考えさせられる映画だったので、また年明けにでも。

いつものごとく、年末なんで、記録用に。


★3月17日 ザ少年俱楽部 収録 NHKホール
 
★5月22日 ABC座ジャニーズ伝説 日生劇場

★7月12日昼 舞台ファウスト 大阪森ノ宮ピロティホール

★7月13日夜 ファウスト千秋楽 大阪森ノ宮ピロティホール

★9月13日昼 ABC-Zコンサートレジェンド 代々木第一体育館

●10月19日 舞台ON THE TOWN(トニセン)大阪オリックス劇場

★12月12日昼 ルードウィッヒB シアターブラバ

★7月14日昼 ルードウィッヒB シアターブラバ


おおおおお、なんて少ないんだ!
こうやってあげてみると少ないね。

でも、1歳児かかえてる今の状況にしてはなかなかいけたほうではなかろうか・・・なんて思ってみたります。

出産後の最初が、少クラの郁人初司会の回の収録でこの回が久々の当選でいけたのも、それはそれでなかなかいいタイミングだったりして・・・こういうのがあると、自分の行くべきときは、なんやかんやで行けるけど、行けないタイミングの時は、そういうものなんだろうと、思ってみたりもします。

また来年も楽しい時間がすごせますように。

ではでは、よいお年を!
nice!(0)  コメント(0) 

A.B.C-Z Legendコンサート2014 9月15日1部 代々木第一体育館 [ジャニ舞台&ジャニコン]

セットリストとかスルーでいきます。
もうざっくり私の感想メモです。
いつも通り、メモとかとってないんで、自分の感想やらをどわっと。

■OP
 巨大ブランコ、登場。
 外周Jrわらわら。

 ・・・で、肝心なとこ。

 郁人まわった!!!!!!郁人まわれたよ!!!!

■・・・・でやっぱり、そのまま、ZaABC。とりあえず、あっためておきましょう、会場を、的な選曲。

■しょっぱなからブランコ→5STARS→5リングス。
 とりあえず、いいとこどわっとみせちゃいますぜ!!的選曲とアクロバット。

■だめだ・・・どうしても、やっぱり、ハムスター・・・・に・・・・

■ってか、5リングスがちょっとやってみたい

■新曲 フィナリーオーバー、ガツガツ踊るからいい感じだ。こういうのがいいよねー。

■郁人のパーマは気になるほど変ではなかった。一安心

■ってか、五関パーマ??片方みみかけてるし。

■NakedとかHigherFlyとかやっぱいいよね。なんかいいよね。というか、個人的に、Higherfly好きなんだよね。もっと高く高く、飛べるところまで・・・。いろんな意味で好き

■噂の「A.B.C-Z Love」。なんのこっちゃと思っていたが、なるほど、メンバー紹介曲なんだね。

■こういうノリは嫌いじゃないけど、光GENJIも257が一番盛り上がったけど、なんだろうな・・・嫌いじゃないが、なんか、SMAPとか嵐とかのまねっこというか、ヲタが同じように・・・みたいに求める人が多いのかなあ・・なんて思ってみたり。まあ、本人たちもその期待通りやりたいんだろうけど・・・
そう思うと、こういうのなく、ドストレートで毎回構成していって長い年月しっかり魅せるステージを作っていV6ってやっぱりすごいのかも・・・と思ってみたり

■しかし、この曲で、はだけた・・・というかむしろ脱いだ郁人のノリは嫌いではない(笑)
郁人台詞は「いっぱいキスしてやるよ」
そう、君がバーンってテンションあがってはだけていた時代、君は熱かった(笑)
その熱さが私は好きだった

■はっしーソロは、ジェシー、マリウスと「もう君以外愛せない」

■はっしー紹介からの郁人ソロ。きた。
 「Red Sun」
 懐かしいね・・・その後ろでガツガツしてた時代も懐かしいね。
 ちょっとテンションあがるぜ。しかし、そんな時ほど、大人はだまってガン見(笑)

■そう、思いっきりかっこつける君がみたいのだよ、河合くんよ

■しかし、昭和意識のそのスタイルなんだろうが、70年代のにおいがするが、なんだろうな、その帽子に和服的なはおり衣装よりも、その帽子にジャケットとかロングコートみたいな衣装がよかったな・・・・

■そして、その郁人ソロ。できたら、メインステ使って、全方位的にみたかった!!・・・という要望よ、郁人に届け

■カツン曲のラップ部分を樹くんがやると、なんかいろいろ思う

■郁人ソロからの郁人ドラム。
とっつー登場で、とっつーギターと。

 郁人のドラム、郁人のドラム・・・・あいかわらずちょっとテンションあがるぜ

 でも、そんな時こそ大人はだまってがん見Part2

 そうこういう時は、自分の記憶に静かに刻みたいものなのです。
 キャーと言わないから、盛り上がってないわけではないのです。
 自分の方法で、自分で好きに楽しんでいるんですよ。

■あら、トッツーソロ。「ときめきイマジネーション」とやら。
 もっとごりごりのロックのソロでくるかと思ったら、かわいい系でポップにきましたな、戸塚さん

■雲の曲とか、トウィンクルとか。このあたりでスタンド2階のとこのトロッコとか。外周つかって歩いたりとか

■もうすっかりおなじみのペンラ芸指導。
 もはや毎回これやるなら、みんなペンラは買わなきゃだから、ペンラ付き8500円チケにして、チケットと一緒に送ってくれるとありがたい・・・とすら思ってしまう(笑)
あ、でもそれじゃあ、何回か入ると、家に何本もペンラが・・・・

■赤いのを奥からステージに向かってつけていくのはきれいだったな

■で、それがきれいについたらそのままネバーマイラブ

■ハッピー、ハッピーで移動して、バックステで巨大だるまおとし。

 上は塚ちゃん。たたくのは郁人
 郁人「この道20年」

 塚ちゃん「これでケガして舞台降板とかしたくないよね」
 
・・・・・で、無事に全部成功

■1段目で少し形が崩れたら・・・
 五関「はい、修正」

 あくまで、通常営業な五関くん

■アトラクションたやってMCへ

■MC
 ●この日は、取材日。ステージ上で公開囲み会見

 ●写真撮影はさすがに東京はカメラ多いね

 ●郁人「ジュニアのうちわもってる人もあげていいですから。タッキーのうちわのうしろに河合郁人とかみるとうれしかったもんな」
 ええ、がんばってだしてましたから!!!!!!!!!!!!!!!!君に見えるように、がんばってだしていましたさ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 ●塚ちゃんのかけ声で・・・となったら、突然、舞台の告知をはじめる塚ちゃん。
 「こういうチャンスに言わなきゃだめって言われたことがある」とのこと。

 ●塚ちゃんの生声で撮影

 ●そのまま、駒井さんの進行で会見。
 
 ●塚田「幕がパーンってあいたらお客さんがドーンてみえて、みんなに支えられて・・・・・・・・(中略)・・・・で、安心して飛び込むことができました」
 駒井さん「要は、幕が相手お客さんの顔が見えたら安心してできたってことですね」

  はい・・・その通りです(笑)

 ●構成を考えた河合「100点をつけちゃうと先がなくなっちゃうんで・・・・でも、前にお客さんがみんなで歌ってくれたのを聞いたら、どれは100点だったかな・・と思いましたね」

 ●メンバー的には構成は100点らしい。そしてスポーツ紙によるとジャニーさんも100点つけてたとか。ってか、ジャニーさんがほめるようになったとか、それも衝撃。「彼は裏方だからね」という言葉もいろんな意味でちょっと深いよな・・・今までいろいろみてると・・・

 ●やはり話題はデング熱。だよね

 ●実は、ステージ上で、虫除けウオッチをつけていたはっしー。
 「妖怪ウオッチではなくて虫除けウオッチです!」

 ●河合「まあ、僕たちのほうが飛んでますからね。」

 ●会場の男の人いるかいったらわりといた。
 驚いた・・と腰をぬかすポーズをするトッツー。倒れ込み。
 河合「ああああ、とっつーが驚きすぎてこうなっちゃった」

 ●男の人が腕組みをしてみているのをみるとなんか安心するらしいとっつー。
  それに対して塚ちゃん「ああ、お父さんがつれてこられちゃったパターンだね」

 ●連続バック転の回数で、「歳の数だけ」と宣言してしまった塚ちゃん。
 30になったら、30回、40になったら40回ということにきずいて、「まずいこと言っちゃったな」と結局後悔する塚ちゃん

 ●会見で「ここにいる子たちを幸せにできるのは僕たちしかいませんから」となんかいい男コメントをするはっしー。

 ●・・・ってか子・・・子・・・はっしーには若い子が増えたなーという印象なんだろうか

 ●構成は一度ガチガチにくんでみたら、つながりが悪くなって、一度崩してもう1回つくりあげたらしい

 ●見学にはドリボにでているjrたち。久々にスノウマンみた。

 ●「休演日なのにいいの?」と聞く河合
   「休演日というのは休む日ですから」と説明する戸塚

 ●「最高です」とこたえるふっか(笑)さすが。

 ●「ガムシャラ」でバスケが負けたのは深澤が原因といい続ける郁人
  そして「頭がでかいんだよ」と深澤にいう、顔が長い郁人

 ●宮田の誕生日に、えびしのチケットホルダーをあげた塚ちゃん。
中身は直筆の手紙
 塚田「みやっちにいらねーって言われた」

 ●塚ちゃんいわく、塚ちゃんの舞台は「にしきおりさんがドタバタする話」らしい

 ●そういえば衣装も郁人が考えたとか。
 
 ●構成をやってみて思ったのは「やっぱ、タッキーすげえな」って、いう河合くん

●えびちゃんずー北海道でのそば食べているときの郁人の頭にトンボがとまっていたらしい。オンエアをみて本人気づいたらしい

■Jrのダブルダッチ。ガムシャラのやつだね。あらー、なんかしんちゃんごっつくなったね

■おおお、懐かしののんちゃん、真田、はっしーの3TOP。
 「限界メーター」とか懐かしいなあ。この曲わりと好き。

■五関ソロ。やっぱりいいね。ごせきくんのダンスはみていて気持ちがいいね。
 こういうのはじっくりみたいね。そして、こういうごせきくんをみると、いつも一緒だった元五関担のお友達を思う(ヲタ卒済)

■五関ソロからのダンスからのスペースビートからのHere We Goからのはっしーのダンス。
 ここの流れよかった。ダンスの見せ場だよね。
 惜しいのが、こここそ、メーンステだけでなく、通路とかセンステとかバックステとか使って全体で魅せればもっと面白かったのに。
 通路使ったのだって、はっしーのダンスくらいでしょ。もったいない。
こういう見せ場を会場全体使ってやったら絶対おもしろいと思うのに!

 ■・・・という要望、郁人に届けパート2

 ■塚田ソロ。塚ちゃんの手紙が読み上げられ、バックステに塚田リカ登場。
  
 ■超アイドルをやりつくした塚ちゃんアッパレ

 ■・・・で、バック転。この回は24回。この時点での記録更新。
  塚ちゃん女装のまま(笑)

 ■ってか絶対、芸能ニュースここ使うでしょ(笑)なのに、女装でいいのか塚ちゃん

 ■そういえば、新しい人増えたから、ふと思ったんだけど。
 実は、なんで塚田「リカ」なのか知らない人って多いのかな・・・・。

 あのリカがショックにでてくるリカで、クリエでギャグジカルやった時に、ショックで光一ならぬ五関晃一を郁人と戸塚が人力フライングしたり、そんなこんなでパロディから生まれたキャラクターが塚田リカ・・・っていうのを知らない人多くなってるんだろうな・・・きっと。

 ■えびしの笑い担当はやはり郁人ではなく塚ちゃんなんだろうな、と思う
  天然にはやはりかなわない。そして、塚ちゃんのいい人らしさから生まれる笑いには絶対かなわない

 ■イナビとか、フリーダムとか、AtoZとか、孤独とか
 おなじみの曲はやっぱり安心する

 ■5in1・・・・という、メリーゴーランド上のポールでやるアクロバット。センターステージで。

 ■もはやサーカス

 ■コマネチがはやっているらしい戸塚くん

 ■郁人がなんか叫んでるのが聞こえた

 ■ずっとLOVEやって、挨拶してる最中に着替えて、レジェンドストーリー。
 塚ちゃんなかなか出てこず、とりあえずつなぐ五関。というかつなげてない。
 一度きって「また五関晃一です」」って(笑)
 意外といい話だったのに・・・二回「五関晃一です」って言った事件で、すべてとんだ(笑)

 ■そしてその印象で、ほかの人の挨拶も忘れた(笑)

 ■で、戸塚くん挨拶「まだこの曲をやってない!!」という静かなムードからの、突然の絶叫的前フリで、レジェンドストーリー。

 ■そんな前フリもある意味レジェンド

 ■みんなが歌うとやっぱうれしいんだろうね

 ■アンコールはバニラとABCZLOVE。

 ■ここで、センターステージで、バニラは、「そう!!!Yes!!!!!」と叫びたくなる(心の中で)

 ■客席の見学組もステージへ。あれ、寺さんとか半澤くんとかいたんだ

 ■平野が途中ステージに押し出されてなぜかステージで踊る事件

 ■諸星としんちゃんが漫才的な動きをして目の前で遊んでいてほほえましかった

 ■この日も石垣くんはイケメンだった

 ■あれ、真田ギターって

 ■ごとう!!!ひろみ!!!

 ■真田とのんちゃんはなんだか、がんばれ!!って言いたくなる

 ■ジェシーでかいな。知ってるけど、やっぱりでかいな

 ■岸くんはベースもできるのか

 ■あのペンラは攻撃性はあると思う

 ■あのペンラ・・・実は色をつけるのがなかなか大変(笑)

 ■大阪、名古屋ではなんかあの河合ウチワの伏線がどうのこうのってあったらしいけど、代々木ではすっぱりカット。だったらなおのこと、あのウチワはいらない

 ■あー、私、河合くんの個人ウチワ、あけおめから個人ででてるのは全部買ってきたけど、今回はいらないわ。買わなかったや

 ■パンフはとっつー構成らしい。そのパンフ。これがまたなかなかよかった

 ■郁人がパンフで話してる先輩の話・・・これ、いろんなとこで話してる話ですよね・・ってか、井ノ原さんのことですよな

 ■蚊にびびりまくりのコンサート

 ■ステージ使いはいろいろ思うことあるけど、全体の構成はなかなかよかったと思うよ、河合くん!!

 ■やっぱり私は君のかっこつけるところがみたいのだよ

 ■ダンスの見せ場の流れ、よかったなあ。あああいうのはやっぱりいいよね。見入っちゃうよね

 ■隣の人・・・・もう・・・ノルのもいいし、踊るのも自由だけど、腰までいれて全力で踊るのなら、まわりの迷惑も考えてくれよ・・・。見えないんだけど。
 MCですわったら、荷物後ろにいれてすわれれて、私よりステージ見えないんだけど。さすがに注意したけどさ・・・。
 踊るのは自由だけど、隣の場所まで浸食してきたり、前を塞ぐ立ち方されるとほんと見えないんだよな・・・。はああああ
  
 話していたので気づいちゃったけど「これだから、某ユニから流れてきたヲタは」って言われちゃうんだよ・・・・。とどうしても思ってしまうわ

 ■にしても、若い子ほんと増えたよね。

 ■久々にお会いした方とも、盛り上がったんだけど、友達曰く「もはやOBの気分」ってのが的確すぎていい。すばらしい

 ■そんなOB気分でみると、ゆるくはなったものの、やっぱり楽しいのだよ。

 ■そして、何度もいうがやっぱりかっこつけてる郁人がみたいのだよ。

 ■なんやかんやで、楽しかったです!!!!!!

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上


細かいとこはまたのちほど、ゆるゆると語っていきます・・・。たぶん・・・・・・・

 
 
nice!(0)  コメント(8) 

ファウスト~愛の剣士たち 7月13日千穐楽 森ノ宮ピロティホール [ジャニ舞台&ジャニコン]

もう、きょうはいつものざっくりレポで行きます。
感想はきのうあげたので、あとはきょうのとか、愚痴とかいろいろ混ぜながら

■あいかわらず、グッズのタオルで汗をふくファウスト
「この色一番うれているんだって」
五関「よかったな」

河合ファウスト「おまえも汗ふく?」
五関オフィスト「お前がふいたのはいやだ」

■歩きたくないファウスト
「折れた・・・左足折れた」

五関オフィスト「もう迷惑はかけないっていったよな」

■タオルでふきながら「恐縮です、恐縮です」とつぶやく郁人。
五関にも、やってみろというが、なかなか応じず。
・・・・で、結局、後ろを向いて、「恐縮です、恐縮です」とやる五関君。

■悪を口から吸い取るローズのお清め

五関「嫌です」
ローズ「お前マジ断りだな」
五関「マジで嫌です」
ローズ「普段からおまえはからみずらいと思っていたんだ。最後だから、お前の悪を抜くぞ」
五関「最後とか言われたら断りずらいじゃないか」

ローズの客席あおりにこっそり、一緒に拍手をしている郁人
五関「お前まで拍手するな」
郁人「だってみたいもん・・・」

・・・・・・・・・で、唇をうばわれる五関オフィスト
「おれからアドバイスをしてやろう。口を固く閉じていないと、奥まで吸い取られるぞ」

■そして、きょうは、最後だから、河合ファウストへはもうほぼない程度の大きさのラップに。

ローズ「おれはおまえのファンから斬られてもいい!!!」

ローズ「お前、はじめてのキスシーンらしいな」
河合「だから、普通の女優さんがよかったのに!!!」

ローズ「涙目になるな!!!」

■五関も一緒にはがいじめ。

ファウストの口・・・・・口紅まみれ


■盗賊軍団がノリのり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■トリプルカーテンコールで、梅さんにだきしめられる郁人。
郁人のあのいつもの笑い声が会場にひびきわたる

■その反対側で、舘形ヘレネに抱きしめられるオフィスト五関

■五関
・普段なら共演することのない素晴らしい方々と一緒にやれてよかった。リハの本読みから、学ぶことがたくさんあった
・ここまで、外見をつくりこむことがいままでなかった
・せっかくメイクを覚えたのに、もうやらないのはもったいない・・・・・ので、ツアーでもこのメイクでやる・・・・といいつつ、 素顔でステージにたつ僕をみて「ああ、あいつ口だけだったな」思ってください


■河合
・リハ時間は、2、3週間しかなかった。その中で、自分は、セリフ覚えが、悪い方で、みなさんの足を引っ張ってしまった。
・お兄さんもおねえさんも、弟も妹もいるこのカンパニーは家族のようだった
・たのしすぎてABCに戻りたくない
 五関「フォローできないからな」
 河合「それぞれの良さがあるから」
 五関「だから、フォローできないって」
・このメンバーの一人ひとりが主役だと思っていた。
・主役の中でも一番の主役はカスメ。というわけで、カスメの自己紹介の部分をやらせる流れ
・いろいろな活動を見てほしい

■三田さま
・これだけ満員の千秋楽はひさしぶりの体験
・若い人たちにかこまれて、二人の若さを吸い取って若返った
・明日からは、人間界に帰り、一気におばあさんになりそう
・私もABCZに入りたい
・ABCまで言って、「Z」の「ジー」を両側から、五河がそろって、三田さんに「ジー」ってささやいていてかわいかった


■最後、手をつなぐ時に
河合「梅さんと手をつなぐのも最後だ」
   「はけるときは離してくださいね」


■はける時、五関オフィスト、超笑顔。しかも歯もみせて笑顔

■河合、五関、なんかキラキラしていたよ。

■いい顔してました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■二回みたが、やはり私にははまらなかった

■もとの話が長いせいか、無理にエピソードを詰め込んでしまったために、展開が急

■ってか、みんなすぐ気持ちが変わりすぎ
ええ、負けてすぐ忠誠誓えちゃうのか。ってか、ファウストの前にオフィストに忠誠誓うんじゃないのか。前にやられているじゃん・・・。えええ、弱かったのに、そんなに気持ちが強くなるのいきなり・・・。ええええ、さっきまで金盗もうとしてたのに、いきなり姫を守りにいけるのか。ええええ、戦うことをためらってたのに、そんなに瞬時に憎しみに変えられるのか・・・。

■なぜ、オフィストが突然、太閤にヘレネのお札とかの話をタレこんだのか。
 心が変化しつつあったんじゃないのか。そのへんの感じが唐突すぎて、しかもフォローがなくて、よくわからない

■ってか、わりと簡単に運命の恋におちるのだな、ファウストよ、

■基本は「洋」の線の話なのに、ヘレネのとこがいきなり、「和」。
和と洋がいい感じではなくぐちゃぐちゃしてて、交わらない

■というか、ファウストのヘレネを封じ込める呪文がめっちゃ和。ってか東洋的。

■お札・・・・お札といえば、、、、キョンシ―・・・・・・・・

■「こんな美男子なはずがない!!」というが、実は、脇を固める役者さんノ中に美男子がいたりする罠

■うん、大女優であっても、やはり映像と舞台は違う・・・のだな・・・。そして、私は映像のほうの三田さまの演技のほうが好きだ。

■三田さまをみるとどうしても、、、外科医有森冴子・・・と思ってしまう

■ミカエルが歌がうまいよねーと思っていたら、元アニーなのか!!そりゃあ、歌えるはずだ

■・・・・にしても、話の展開が急

■ほんとは、あんまり、リハの時間が短かった・・とか言わないほうがいい思うのだよ、河合くん。
 リハの時間が短い中でここまで作ったんです!!っていうのは、見る側にとっちゃあ・・・・その程度の舞台なのか・・・ともとれてしまうのだよ・・・・

■うん。。。。なんか、結局作りこみの浅さをちょっと感じてしまった。

■だめだな・・・・私、やっぱりミュージカルがあまり好きでないのかも・・・・。というか、オリジナルミュージカル系が苦手なのかも

■五関、河合コンビがすがすがしい顔をしていたから、それを見れたのは満足だ

■最後にみんなで歌うところで、五関、河合コンビがスターの位置で歌っているのを見たら、なんだかぐっときた。ああ、主演なんだね・・・としみじみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上・・・・



うん、なんか、最後にも書いたけど、郁人と五関くんが主演の立ち位置で、歌う姿を見たら、なんかグッときた。
ああ、その位置まできたのか・・・と。
なんか、そこはすごくグッときた。
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - ジャニ舞台&ジャニコン ブログトップ